地方分権の財政学―原点からの再構築

個数:
  • ポイントキャンペーン

地方分権の財政学―原点からの再構築

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 18時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 365p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130460811
  • NDC分類 349

内容説明

本書の目的は、「21世紀の経済社会において、どのような地方分権化が望ましいのか、そのための財政システムはどうあるべきかを検討し、そのあるべき見取り図を構想する」ことにある。なぜ、わが国では税財源面での分権化は膠着状態に陥っているのだろうか。地方財政がかつてない危機に直面しているのはどうしてか。われわれは何をなすべきか。こうした問いに答えるべく地方分権との関連で日本の財政システムの点検作業を行ない、国際的視野から問題を考え、斬新な分析に基づき具体的な制度設計を提示する。

目次

序章 財政システムと地方分権
1章 地方財政の国際的位置:日本と北欧
2章 税源配分論の展開と日本の地方税
3章 付加価値税配分論と地方消費税
4章 地方交付税の制度設計
5章 地方分権下の財政調整制度
6章 持続可能な地方債制度の将来像
7章 欧州地方自治憲章と分権化の戦略
8章 東南アジアにおける分権改革

著者紹介

持田信樹[モチダノブキ]
1953年東京に生れる。1977年東京大学経済学部卒業。現在、東京大学大学院経済学研究科教授

出版社内容情報

地方分権はどのように進められるべきか――地方税、政府間財政移転あるいは地方債といった重要な問題について綿密に分析するとともに,ヨーロッパや東南アジアにおける改革の動向との比較から新たな知見を得ることで,日本の財政システムの具体的な制度設計を提示する.