ロシアと日本―自己意識の歴史を比較する

個数:

ロシアと日本―自己意識の歴史を比較する

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 287,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130203050
  • NDC分類 319.103
  • Cコード C3020

出版社内容情報

現在の複雑な日ロ関係の課題に対して、外交の現場を知る研究者を中心に、歴史的なアプローチによる解決の糸口を探る。日本とロシアがどのような国家の歩みを刻み,眼差しを交わしてきたのか.外交の現場での交渉をふまえ,両国の本質を理解しあうこと目的とした研究プロジェクトの成果.現在の日ロ関係の課題に対して,歴史的なアプローチによる解決の糸口を探る.

はじめに(東郷和彦)



序 章 アイデンティティを考える(A.N.パノフ)

I アイデンティティの形成――中世から近代へ

1 歴史の遺産と近代への影響(安野正士)

 はじめに

 一 中国・ビザンツ文明の遺産と近代への影響

 二 近代におけるアイデンティティ形成の特質

 結論

2 近世における歴史的発展の特徴(K.O.サルキソフ/パノフ)

 はじめに

 一 国家統一と対外膨張

 二 18世紀のロシアと日本――地方統治と社会階層

 三 権力構造における相違――聖俗権力の関係と黒幕・寵臣の役割

 四 文明・宗教とアイデンティティの関係

 五 19世紀前半における改革の挫折



II 近代化への道と日露戦争

1 近代化とアイデンティティの模索(安野/河原地英武)

 はじめに

 一 明治維新と大改革

 二 明治日本のアイデンティティの模索――和魂洋才から脱亜入欧へ

 三 双頭の鷲の揺らぎ――帝政後期のロシアにおけるアイデンティティの模索

 四 日露戦争の意味――世界史の交差点

2 改革の時代(パノフ)

 一 改革の背景要因

 二 改革の開始

 三 日露における国家思想

 四 日露における啓蒙思想

 五 対外政策



III アイデンティティの相克――第二次世界大戦終結まで

1 交差する日本とロシアの軌跡――1905-1945年(池田嘉郎)

 はじめに

 一 ロシア帝国と日本帝国

 二 革命ロシアと日本

 三 ソ連対日本帝国

 むすび

2 和解と対立(サルキソフ)

 一 日露戦争からロシア革命

 二 ロシア革命から第二次世界大戦



IV 冷戦時代のアイデンティティ

1 葛藤する日本とソ連(下斗米伸夫)

 はじめに

 一 戦争、革命、抑留=戦後革命幻想の崩壊(1945-55年)

 二 国交回復と高度成長(1956-72年)

 三 デタント、多極世界と「比較される」社会主義(1973-85年)

 四 ペレストロイカというすれ違い(1985-91年)

 おわりに

2 「戦勝国」と「敗戦国」の歩み(D.V.ストレリツォフ)

 一 第二次世界大戦の歴史的記憶――「敗戦国」と「戦勝国」の犠牲の度合い

 二 政治権力のシステム――タコ症候群

 三 社会発展の優先順位――均質化された消費水準の社会

 四 「新たな愛国主義」――経済力か、帝国的大国主義か



V アイデンティティの再構築――冷戦後の時代

1 安倍・プーチンの新世紀(東郷/隈部兼作)

 はじめに

 一 ロシア

 二 日本

 三 これからの日露のアイデンティティ探求

2 転換か回帰か(S.V.チュグロフ)

 はじめに

 一 歴史――1000年の転換点に

 二 伝統主義の衰退の代替としての起源への回帰

 三 国益の優位

 四 価値観の階層

 五 2013-2015年の動向

終章 歴史の比較分析は未来の道標たりうるか(東郷)<br>

 一 日露の自己意識形成の類似性と相違性

 二 日露発展の起伏の相関関係

 三 未来の道標として



執筆者・翻訳者紹介



Russia and Japan: Comparative Analysis of History of Identities

Kazuhiko Togo and A. N. Panov, Editors

東郷 和彦[トウゴウ カズヒコ]
東郷 和彦
東郷和彦:京都産業大学法学部教授

A N パノフ[パノフ]
A N パノフ
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・パノフ:モスクワ国立国際関係大学教授/元在日本ロシア連邦大使

目次

アイデンティティを考える
1 アイデンティティの形成―中世から近代へ
2 近代化への道と日露戦争
3 アイデンティティの相克―第二次世界大戦終結まで
4 冷戦時代のアイデンティティ
5 アイデンティティの再構築―冷戦後の時代
歴史の比較分析は未来の道標たりうるか

著者等紹介

東郷和彦[トウゴウカズヒコ] [Панов,Александр]
1945年長野県生まれ。京都産業大学教授・世界問題研究所長。1968年外務省入省、2002年同省退官。2009年ライデン大学で人文博士。2010年より現職

パノフ,アレクサンドル[パノフ,アレクサンドル]
1944年モスクワ生まれ。モスクワ国立国際関係大学外交学科長。駐日ロシア大使、ロシア外交学院長等を経て現職。政治学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。