西洋美術の歴史〈2〉中世〈1〉―キリスト教美術の誕生とビザンティン世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

西洋美術の歴史〈2〉中世〈1〉―キリスト教美術の誕生とビザンティン世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年09月19日 13時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 607p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784124035926
  • NDC分類 702.3
  • Cコード C1370

内容説明

西欧初期中世の美術は、地中海世界の伝統とケルト、ゲルマン、オリエントの躍動的な出会いだった。具象と抽象が織りなす独創的なキリスト教美術が誕生し、古代ローマの遺産は新たな王国に正統性を与えた。一方、千年にわたるビザンティン美術は、イコン破壊令という試練を経て、神の表現を極め、壮麗な聖堂や繊維なモザイク、写本装飾に結晶させた。精緻な構想による聖堂壁画は幾重もの意味を担い、ビザンティン人の精神を今に伝える。

目次

第1部 西欧初期中世の美術(初期キリスト教美術とは何か;西ローマ帝国の崩壊と異民族の躍動;古代復興の理念と現実)
第2部 ビザンティン美術(ビザンティンとは何か;哀しみの美術;イコノクラスム;写本挿絵;聖堂装飾のシステム;ある修道院の物語)

著者等紹介

加藤磨珠枝[カトウマスエ]
1966年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。現在、立教大学文学部教授。専門は西洋初期中世美術史

益田朋幸[マスダトモユキ]
1960年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程退学。テサロニキ大学Ph.D(美術史)。現在、早稲田大学文学学術院教授。専門はビザンティン美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

西欧初期中世の美術は、古代地中海世界の伝統とケルト、ゲルマン、オリエントの躍動的な出会いであった。具象と抽象が織りなす、独創的なキリスト教美術が誕生する。一方、1100年の長きにわたるビザンティン美術は、イコン破壊令という試練を経て、神の表現を極め、壮麗な聖堂や繊細なモザイク、写本装飾に結晶させた。