村上春樹翻訳ライブラリー<br> グレート・ギャツビー

個数:
  • ポイントキャンペーン

村上春樹翻訳ライブラリー
グレート・ギャツビー

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2021年10月28日 12時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 356p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784124035049
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

村上春樹が人生で巡り会った最もたいせつな小説を、あなたに--新しい日本語で現代に甦る、哀しくも美しいひと夏の物語。満を持しての訳業。

内容説明

村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語―。読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきたフィッツジェラルドの傑作に、翻訳家として挑む、構想二十年、満を持しての訳業。

著者等紹介

フィッツジェラルド,フランシス・スコット[フィッツジェラルド,フランシススコット][Fitzgerald,Francis Scott]
1896年、ミネソタ州生まれ。プリンストン大学を中退し陸軍に入隊。除隊後の1920年、処女長篇『楽園のこちら側』を出版、全米ベストセラーとなる。同年結婚したゼルダ・セイヤーとの華やかで奔放な暮らしぶりで時代の寵児となる。数多くの短篇を雑誌に発表するほか、長篇『美しく呪われたもの』『グレート・ギャツビー』などが高く評価されるが、世界恐慌、ゼルダの病などが生活に影をおとし始める。失意と困窮のうちにアルコールに溺れ、40年、心臓発作で急死(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

485
村上春樹は「訳者あとがき」で、本書の翻訳の基本方針として「現代の物語」にすることと語っている。訳文の文体は古さを感じさせないし、十分に現代的だ。しかし、その一方では強く時代を反映してもいる。この物語は1924年に書かれている(物語の舞台は1922年)のだが、この時期は戦間期にあたり、アメリカは平和で未曽有の好景気に湧いていた。ケープ・コッドを物語の主要な舞台にしていることも象徴的だが、これは東部の上流社会にとうとう入り込むことができなかったギャツビー(他の登場人物もまた)の華麗で、そして哀れな物語である。2012/09/16

mura_わくわく

201
図書館で『愛蔵版』を借りた。1924年に書かれた物語。舞台は1922年のアメリカの東海岸、暑い夏の日。ゆっくりと時間が流れる。葛藤や人を思う気持ち、ねたみなどを台詞や所作・挙動の表現・描写に盛り込んでいる。ゆったりとした時代だからこそ、深く考えることができる。フィッツジェラルドは28歳の時に本書を刊行。私自身、翻訳というものを意識したことはなかった。翻訳者によって本の雰囲気が変わるのは当然。翻訳者村上さんは、冒頭と結末の訳に腐心したとあとがきで語っている。『君も覚えているだろう、オールド・スポート』2013/10/31

ハッシー

186
優雅で玲瓏な文体が「黄金の20年代」を経験したアメリカの雰囲気を感じさせる。 豪華絢爛な屋敷やパーティーの描写から「永遠の繁栄」を約束された当時の裕福な暮らしぶりが窺える。しかし、作者は満ち足りた生活の中に切なさや哀しさを抱いている。富と名声を極めたギャッツビー氏は儚く脆い当時の人々の代表として描かれているのではないか。2016/09/01

ケイ

172
この物語の切なさを高めているのは、語り手のキャラウェイが、establishedの側にいながらも、その不道徳感に気付き、ギャツビーの恋を理解したから。デイジーやトムを不道徳だと激しく責めるより、ギャツビーを悼むことに心を向けたから。上流の女性に憧れる成り上がり者の話なんて吐いてすてるほどあるのに、それを陳腐にしない情景描写と美しく控えめな語り。その語りの多くが村上春樹の筆力にあるのだとしても。ウェストエッグの端から見える、海を隔てたイーストエッグの緑色の光が、本を閉じても心に残る。2015/06/07

よっち@疲れ目注意☆彡

154
アメリカ文学の名作中の名作を、やっと手に取る。今で良かったと思う。もし夢と希望に満ち、若さ故の傲慢の最中だったら多分、大事な部分が解らずに終えてしまっただろう。諸行無常ということを、身に染みて思う。大袈裟でなく。ギャツビーという人物を通じて、人生について、考えさせられる。また、村上春樹さんの丁寧なあとがきにより、理解が容易になった。本編の翻訳については、ほかの訳文を読んで無いしまた、読む暇もないので比較のしようは無いけど、吞み込み易いと思う。映画のギャツビーはディカプリオよりレッドフォードの方が好きかも。2016/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。