中公新書<br> 老いの味わい

個数:
電子版価格
¥836
  • 電書あり

中公新書
老いの味わい

  • 提携先に6冊在庫がございます。(2024年07月23日 18時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121022899
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1295

内容説明

七十代後半の坂を登り切り、八十歳を超えた作家が見つめる老いの日々。身の回りには、薄い横線で消された名前の目立つ住所録。バッグは肩からすべり落ち、タタミから立ち上がるのに一苦労。そして頭に浮かぶ疑問は、なぜ歳を取ると何事も億劫になるのか、病気の話にかくも熱が入るのか、「ピンピンコロリ」は本当に理想なのか―。一年一年、新しい世界と向き合って歩む日常と思考を丹念に描いた、心に響くエッセイ。

目次

1 人生ノートの余白(歳月重ね、捨て難き物たち;無為の一日の後味 ほか)
2 老いとは生命のこと(ゆとりと怠惰、元気と焦りの間で;何もない平面の恐怖 ほか)
3 古い住所録は生の軌跡(物忘れが叶える境地;その時、こちらはもう… ほか)
4 転ばぬ先の前傾姿勢(八十代初頭の若さとは;転ばぬ先の前傾姿勢 ほか)
5 年齢は常に初体験(幼児の年齢、老人の年齢;キカイ馴染まぬ喫茶店 ほか)

著者等紹介

黒井千次[クロイセンジ]
1932年(昭和7年)東京生まれ。55年東京大学経済学部卒業後、富士重工業に入社。70年より文筆生活に入る。69年『時間』で芸術選奨新人賞、84年『群像』で第20回谷崎潤一郎賞、94年『カーテンコール』で第46回読売文学賞(小説部門)、2001年『羽根と翼』で第42回毎日芸術賞、06年『一日夢の柵』で第59回野間文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じいじ

88
「古い記憶は残っても、新しい記憶はすぐ消える」は、まさに的を射たことばです。私も80を超えてからは、とみにそれを感じます。文中、ご自身のモノ忘れについて、モヤモヤして思い出せないときは早々に「諦めなさい」と言っています。一気に読み終えて、人それぞれ個人差はあるものの、それ相応に年を取ります。身体のあちこちが異変をきたすのは、当たり前なことがよく分かりました。『老いの味わい』は、素晴らしいタイトルだと改めて思いました。私に与えられた残りの人生を、黒井さんのように力まずにエンジョイしたいと思います。2022/06/09

クリママ

47
「老いのかたち」に続く、筆者アラ80のエッセイ。第1編は、身近に棲みついてしまったたくさんの無用な品々の整理。年寄りによる整理は自分自身を見失いないかねないから危険とそのまま。いやいや、それを残されて整理しなければならない者のことをを考えてよとツッコミたい。次の「無為の一日の後味」。あれこれ予定しておきながら、ずるずると時を過ごて1日を終えること。今の私はそのころの筆者とは15歳位も若いのにもうほとほと同感。あまり遠くを見ずに、1年1年を小刻みに着実に積み上げていくのがこれからの歩み。今から、そう思う。2022/06/18

おか

45
凄い発見をしてしまいました!黒井さんが78歳から82歳までに書かれた老いについてのエッセイなんですが なんと私そのすべてが自分の身に当てはまるんです。私十年ほど進化 否 退化 否 老化 が進んでいるのを発見しました。で 納得 だから私 利用者さんからの共感を得ることが多いんだ!!!だから80代90代の人から 同い年位❓って聞かれるんだ! きっと同じ匂いがするんだろうな(笑)でもまぁ その内私より年下の人たちが きっと私に追いついてくるんだろうな(笑)2022/11/20

団塊シニア

43
現在82歳の筆者、年齢は常に初体験という言葉が印象的です。2014/12/01

KEI

31
著者の78歳から82歳までの自らの「老い」を見つめたエッセイ。身の回りの物を片付ける事が億劫と言い、その億劫が増えてきた。運動能力の衰え、物忘れなど自分より先に経験している著者の老化にある時は頷き、ある時は呆れ、笑ってしまうこともある。80代は1年を小刻みに積み上げていくしかないと著者は言う。著者の様な立派な物書きでもこの様な問題を抱えているなら、私がその年齢に達した時は甚だ怪しい。著者の様に自らの老いを笑い飛ばせれば良いのだが。2022/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292837
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。