ちくま学芸文庫<br> 新訂 江戸名所花暦 (新訂)

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
新訂 江戸名所花暦 (新訂)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086266
  • NDC分類 291.36

内容説明

『江戸名所花暦』は、文政10年(1827)に刊行された、江戸の代表的な行楽ガイドブック。春は鶯、梅、桜、夏は蛍、納涼、蓮、秋は萩、月、虫、冬は寒梅、松、枯野、雪見など、四季折々の花鳥風月を計43項目に分類、それぞれの名所・名木の解説、由来、場所の道順などを詳しく、しかも手際よく紹介し、江戸庶民のあいだで広く親しまれた。本文庫では読みやすさに徹した新校訂でその全文を掲載、長谷川雪旦の美麗な挿絵全点に加え、『江戸名所図会』からも補完的な図版をひいた。ハンディな行楽地図『東都花暦名所案内』を併録。

目次

巻之一 春之部(鶯;梅;椿 ほか)
巻之二 夏之部(藤;躑躅;郭公 ほか)
巻之三 秋之部(牽牛花;七草;萩 ほか)
巻之四 冬之部(寒菊;水仙;寒梅 ほか)
東都花暦名所案内

著者紹介

市古夏生[イチコナツオ]
1947年、東京都生まれ。現在、お茶の水女子大学文教育学部教授。日本近世小説専攻。ちくま学芸文庫『江戸名所図会』シリーズを校訂・編集。他の編著書に『江戸名所記』(勉誠社)、『井原西鶴』(ぺりかん社)などがある

鈴木健一[スズキケンイチ]
1960年、東京都生まれ。現在、日本女子大学文学部教授。日本近世詩歌専攻。ちくま学芸文庫『江戸名所図会』シリーズを校訂・編集。他の著書に『近世堂上歌壇の研究』(汲古書院)、『江戸詩歌の空間』(森話社)がある