中公新書<br> 社会科学入門 - 知的武装のすすめ

中公新書
社会科学入門 - 知的武装のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121007605
  • NDC分類 301.6

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

13
政治、経済、歴史、数学など、この世のありとあらゆる事象を比較、分析して論理的に解釈する学問が社会科学なのだとわかった。版を重ねているようだが、情報のインプットという面では記されていることが古くなってしまっている。理念を学ぶために読んだり、ブックガイドとしてはまだ有用であると思われる。2012/10/10

ヤギ郎

10
良書。社会科学の世界に入る人々のみならず,大学のアカデミックな世界に入る人に読んでほしい。議論の仕方や文章を書く大切さ,数字の持つ意味など,学問における基本的なスキルについて数ページでまとめている。情報収集やデータベースの作り方についての記述があるが,古い本であるため,方法が古典的。とはいえ,本質は同じだと思う。社会科学の古典も紹介しているので,ブックレビューとしても読める。2018/02/06

うえ

6
「1975年以降、ベトナムは経済再建の野心的課題に取り組もうとしたが、中国からの…援助がとめられてしまった。他方、ポル・ポト政権には中国の軍事援助が増加していった」「マンハイムの『イデオロギーとユートピア』は両大戦間に書かれた知識社会学の書物である。社会を階級利益の衝突としてみるマルクス主義と異なり、思考様式の違いをもって社会をみようとした。体制擁護の体系としてのイデオロギーと体制克服の体系としてのユートピアを対立させ、このような世界観は大方のところ社会を自由に浮動する知識人から生れるとした」凄く古い本2016/03/29

スズツキ

4
さすがに古くなっているので、これの最新版みたいなものは出ないのですかね。需要はかなりあると思うのですが。2015/04/01

Yuki

1
前半は社会科学の手法を紹介してたが、後半はそれに加えて外国語の勧めやら本の紹介ばかりでつまらなかった。この前の祖父江先生による文化人類学入門が面白くて読みやすかったが、後書きにあるように本当に案内書という感じ。2014/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/443198

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。