そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?―考える力が身につく「数学的思考」の授業

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?―考える力が身につく「数学的思考」の授業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月22日 23時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053381
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0030

出版社内容情報

数的思考を使った「考え方の基本」を広告会社に勤めるサオリと大学院生・優斗の会話から学べる!

内容説明

仕事に伸び悩むサオリが、数学専攻の大学院生・優斗と出会い、今までと違った視点に気づいていく…。ストーリーと20のポイントでわかる!ビジネス数学のプロが教える、一生使える思考術。

目次

第1章 「論理的に考える」ための基本(もう「考えているフリ」からは卒業しなきゃ!;「逆から考えろ」ってどういうこと? ほか)
第2章 明日から使える!ちゃんと議論するための、考えるコツ(「整理」ができない私。いったいどうして?;少し深くツッコまれると答えられないのはなぜ? ほか)
第3章 優柔不断から卒業!素早く「決める」ための、考えるコツ(なぜ私は優柔不断なんだろう?;判断基準を絞れないときはどうすればいいの? ほか)
第4章 斬新なアイデアが生まれる!発想力を身につけるための、考えるコツ(そもそも、アイデアってどうやって出すの?;発想力を鍛えるコツってあるの? ほか)
第5章 これで問題解決できる!数学的な人が持つ、ちょっとズルい考え方(賢い人とそうでない人の違いって何なの?;私も「ズル賢い」ことが考えられる人になりたい! ほか)

著者等紹介

深沢真太郎[フカサワシンタロウ]
ビジネス数学の専門家/教育コンサルタント。ビジネスパーソンの思考力や数字力を鍛える「ビジネス数学」を提唱し、この分野の第一人者として人材育成に従事。超人気講師でもある。公益財団法人日本数学検定協会「ビジネス数学検定」1級AAAは国内最上位。BMコンサルティング株式会社代表取締役/理学修士(数学)/多摩大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

362
おもしろかったけど、同じ著者の「数学女子」と比べるとストーリーとか設定が安直でちょっともたつくかな。大学院生の男の子があそこまでビジネスシーンに則した問題をサラサラ出せるのもあまりリアリティがない感じ。ただ、本書は数学ではなく「数学的な論理的思考」をテーマにしているから、「数学女子」よりも数字を使わないロジック面での例題が多く、個人的には楽しめた。ただし、ちょっと表紙がダサいのはいかんともしがたいね。2016/10/03

パフちゃん@かのん変更

56
29歳広告会社勤務のサオリと23歳数学専攻の大学院生優斗。数学をビジネスに役立てる話。論理的とは線でつながること。データを整理するとは表にまとめること。相手を説得するには反例を上げる。矛盾を見つけ出す。優柔不断を克服するには判断基準を一つにする。複数ある判断基準を数値化し、重みづけをする。消去法を使う。いいアイデアとはひねくれて考えた結果。発想力を身に着けるには常識を疑い「裏を返せば」と考える。盲点を見つけるにはズルいくらいがちょうどいい。若いビジネスマンに役立つ本です。2017/01/04

アベシ

26
優斗くんはさすがに数学科の大学院生だけのことはあるなあ。適切に問題例を書けるところは読んでいてカッコいいです。私なぞは、舌っ足らずになって、しまいには何を言いたかったのかシドロモドロ。数学は下手の横好き、憧れです。 優斗くんの恋が実るようにと願っています。2019/08/27

べっち

16
5初歩的な内容で物足りない人もいるかもしれませんが、今まで様々な論理的に考える関連の本を読んできましたが一番よかったです。なんといっても分かりやすさ。とにかく具体例がわかりやすい。なるほどなと思わされます。また、優斗くんからの問題形式なので一緒に考えながら楽しく読めると思います。何点かそれはどうなんだろ?と思うところがありましたがそこは著者にメールで聞こうと思います。2016/01/03

ゆいきち

15
会話形式で読みやすいです。秋山仁先生の算数アタマの本を思い出しました。あの本は、論理的に考えるための登龍門だったのかな…。算数や数学は、いかに速く正確に回答に辿り着けるかがポイントであったりするので、数学が得意になればなるほど、効率的に「考える力」が身につくのでしょうね!実生活にも活かせるように何度も読み返したいと思います。2017/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10032803
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。