こうすれば日本の医療費を半減できる

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

こうすれば日本の医療費を半減できる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月24日 21時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120050152
  • NDC分類 498.13
  • Cコード C0036

出版社内容情報

団塊世代が後期高齢者になる2025年、日本の医療費は60兆円を超える。

莫大な負担を抑えるには、入院中の高齢者が自宅で生活できる能力を取り戻すための〈早期リハビリ〉の徹底と、過剰な医療費がかかっている〈急性期病床の削減〉が必要だ。高齢者医療と病院経営について熟知する医師が、画期的な病因改革を提案する。

内容説明

医療費が増え続ける背景には、必要なケアを受ければ回復できる高齢者を“寝たきり”にさせてしまう病院側の問題がある。病気やけがの治療後すぐに、高齢者が自宅で生活できる能力を取り戻すための“早期リハビリ”を徹底して行って入院日数を減らし、“急性期病床の削減”を行って過剰な医療費を減らせば、医療費半減も夢ではない。病院が変われば、日本の未来は変わる―。

目次

第1章 寝たきり高齢者は病院でつくられる
第2章 日本の病院、ここがおかしい!
第3章 リハビリ革命で寝たきりを半減
第4章 日本のリハビリは問題だらけ
第5章 高齢者医療・介護の課題
第6章 日本の医療費を減らす

著者等紹介

武久洋三[タケヒサヨウゾウ]
内科医。日本リハビリテーション医学会認定臨床医。1966年岐阜県立医科大学卒業。大阪大学医学部附属病院インターン修了。徳島大学大学院医学研究科修了、徳島大学第三内科を経て、現在、医療法人平成博愛会理事長、社会福祉法人平成記念会理事長、平成リハビリテーション専門学校校長等を務める。病院(一般・医療療養・回復期リハ)、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、ケアハウスなどを経営。また、日本漫性期医療協会会長、厚生労働省社会保障審議会医療保険部会委員など、数々の役職を兼任。専門分野は内科、リハビリテーション科、老年医学、臨床検査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。