新潮新書<br> 宇宙を動かす力は何か―日常から観る物理の話

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり

新潮新書
宇宙を動かす力は何か―日常から観る物理の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 12時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106106439
  • NDC分類 420
  • Cコード C0242

内容説明

物理イコール「公式と計算ばかりの面倒なアレ」と思ったら大間違い!複雑な世の中をすっきり理解してシンプルに生きる知恵こそ物理の真髄だ。慶應大学で文系学生を教える若き素粒子物理学者が、数式を一切使わずに物理の魅力を語る。天動説は本当に間違いか?宇宙に標準時は設定できる?星々を動かす力とは?AKB48総選挙の話を読むうちに相対性理論まで分かってしまう、情熱と知の喜び溢れる特別講座!

目次

第1話 AKB48に潜む物理!?
第2話 それでも地球は動いているか?
第3話 「動いている」はどう決める?
第4話 君は「力」を見たか
第5話 石ころが語る宇宙の理
第6話 まだ見ぬ理
第7話 未来の世界を何で観る?
第8話 光が導く時間と空間の新しい姿
第9話 ディズニーランドの魔法と重力

著者等紹介

松浦壮[マツウラソウ]
1974(昭和49)年生まれ。京都大学で理学の博士号を取得後、素粒子物理学者として日本、デンマーク、ポーランドの研究機関を渡り歩く。2009年から慶應義塾大学商学部勤務、現在は准教授。研究の傍ら「文系学生」に物理学を講義。合気道四段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界をすっきり理解してシンプルに生きる知恵、それが物理だ。若き物理学者が数式ゼロで贈る特別講座!

こんな授業を受けたかった! 複雑な世の中をすっきり理解してシンプルに生きる知恵、それが物理だ。若き物理学者が数式ゼロで解説。AKB48総選挙の話を読むうちに相対性理論まで分かる特別講座。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件