新潮新書<br> さもしい人間―正義をさがす哲学

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

新潮新書
さもしい人間―正義をさがす哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106104787
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0210

出版社内容情報

貪欲な消費者、先進国……さもしいのは誰だ?

消費者、先進国、生活保護……さもしいのは誰だ? 他人の犠牲の上に快楽を追求する現代人は「人類史上最もさもしい人々」ではないか。政治哲学の大きな問題をユーモアを交え低空飛行の視点で考える。

内容説明

現代人は「人類史上最もさもしい人々」かもしれない。次々現れる新しい機器、膨大な消費電力、捨てるほどの食料…その陰にある犠牲に目をつぶりながら、快楽を貪欲に追求し続けている。この「さもしさ」から私たちは逃れられないのか?アンパンマンが実現している正義を現実のものにはできないのか?政治哲学の大きな問題について、ユーモアを交えた低空飛行の視点で考える。あえて「青臭い議論」に挑んだ意欲作。

目次

プロローグ 「さもしさ」の話を始めよう
第1章 日常にひそむ「さもしさ」の光景
第2章 「分」を守るということ
第3章 市場はけっこう残酷だ
第4章 地球から「さもしさ」を消せるか
エピローグ 公憤と正義

著者等紹介

伊藤恭彦[イトウヤスヒコ]
1961(昭和36)年名古屋市生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得。博士(法学)。現在、名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授。専門は現代政治哲学。著作に『貧困の放置は罪なのか』(2011年日本公共政策学会賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

175
たしかにいろんな意味でさもしいな。2019/08/23

壱萬弐仟縁

30
現在の快楽の追求は、とても不平等な形になっている(13頁)。さもしさとは誰かの不幸の上に自分の豊かな生活を作り上げているかもしれないという態度(14頁)。見苦しい、の名詞。格差是正を喫緊の課題とする根拠がある。原発事故も電力会社、政府の責任(15頁)。地方が都市の犠牲という位置づけも。エコ商品に踊らされる私たちはさもしい(28頁)。エコロジーでなくエコノミーだけかもしれない。さもしいとは倫理的に言うと不正な人間関係を意味している(71頁)。多くの人は自己責任でない理由で生じた分も運命として甘受(85頁)。2014/12/20

calaf

16
「さもしさ」の話が「正義」あるいは「社会制度」の話に繋がっていくのか...なるほどと思うと同時に、意外な気もする...2012/10/12

だいすけ

12
久しぶりの新書。お手軽に読めるのがいい。本書は軽妙な語り口ながら、なかなか考えさせられる内容。正義を声高に叫ばなければならない時代は不幸な時代ともいえると著者は言っているが、そもそも自分はそういう視点がゼロだったと反省。巻末の文献リストにもあたってみたい。2017/12/16

カピバラ

11
読みやすかったです。確かに、歴史上最もさもしいのが、現代の人間だなと思わされました。2012/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5207039

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。