南冥の雫―満州国演義〈8〉

個数:

南冥の雫―満州国演義〈8〉

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月19日 16時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 427p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104623099
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

昭和十七年。本格的な反撃を開始した連合軍に対し、大本営は事実を隠蔽し、司令官たちは精神論を振り回すだけ…このまま皇国は破滅してしまうのか。唯一無二の満州全史、いよいよ戦局は最悪の事態に。

出版社内容情報

昭和十九年、反撃の牙を剥く大国。人々が恐慌するなか、次郎は“死が約束された地”インパールへと向かう――満州クロニクル最新刊。

追ってくるのは宿命か、自らの犯した罪の報いか――完結へのカウントダウン。昭和十七年。南方作戦の勝利に沸く満州に、米軍による本土襲撃の一報がもたらされる。次々と反撃の牙を?く大国、真実を隠蔽する大本営、無意味な派閥争いに夢中の司令官たち……敗戦の予感に人々が恐慌するなか、敷島次郎はあえて??死が約束された地?インパールへと向かう――唯一無二の満州クロニクル、いよいよ終焉へ。