新潮文庫<br> クォーレ

新潮文庫
クォーレ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 508p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102190111
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

内容説明

イタリアの少年エンリーコが毎日の学校生活を書いた日記と、あのジェノヴァの少年マルコが母親を捜して遠くアンデスの麓の町まで旅する『母をたずねて三千里』など、先生の毎月のお話九話。どれも勇敢な少年と、少年を見守る優しい大人たちとの心のふれあいを描く不滅の愛の物語です。どこの国でも、いつの時代でも変わらない親子の愛や家族の絆の強さを、読みやすい新訳でお届けします。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ribes triste

7
子供の頃にとても好きな本だったのですが、数十年振りに再読することができました。エンリーコ君の学校生活のお話なのですが、やっぱり感動して泣かされてしまいました。またきっと読みます。2017/05/03

朝霧

4
ぼろぼろになるくらい読んでる本。もう10年位。ガッローネが大好き。もちろん他の少年達も。初めの方は何度も泣きそうになりました。これからも大切にしたい本。2013/07/20

えるびん

2
クオーレというのはイタリア語で「心」という意味らしい。(1)少年エンリーコ自身の体験(2)今月のお話(3)家族のアドバイスの3つが書かれるという3層構造で,1年が描かれています。今月のお話の一つとしては「母を訪ねて3千里」も登場します。「ピノッキオの冒険」と並ぶイタリア児童文学の古典のようです。 (1)(3)で伝えようとしていることは正論なんだけれども,お話よりも伝えたいことが強く表れていて,ちょっと押しつけがましいというか,暑苦しいな,と感じてしまうこともありました。けれども,(2)は素直に読めました。2015/11/13

ぺしみち

1
再読終了。「ウサギ顔」が見てみたい。2017/12/14

ぺしみち

1
登録から消えてるから再登録。2017/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/109758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。