• ポイントキャンペーン

新潮文庫
こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101350325
  • NDC分類 491.8

内容説明

生物が本来持っている「生きる力」を最大限に活用するために、知っておきたい体のしくみ、病気の根本的な治し方と、その予防法をやさしく解説。自律神経と免疫システム、白血球の役割など、身近な病気の治療から対処法を誤ると重大な事態を招く症例まで、すぐに役立つ知識満載。病気にならない身体づくり、生き方を変える免疫学の知恵を伝授する、もっと深く知りたい人必読の一冊。

目次

第1章 心とからだの免疫学―白血球と自律神経
第2章 毎日すっきり暮らすには―身近な病気の対処法
第3章 対処法を誤ると重大な事態を招く病気
第4章 女性の健康と病気
第5章 子どもの健康と病気
第6章 健康法について考える

著者紹介

安保徹[アボトオル]
1947(昭和22)年、青森県生れ。東北大学医学部卒業。アメリカ・アラバマ大学留学中の’80年、「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。’89年、胸腺外分化T細胞を発見。’96(平成8)年、白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。2000年、胃潰瘍の原因が胃酸であるとの定説を覆して注目される。200を超える英文論文を発表し、国際的に活動。現在、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)