新潮文庫<br> 重力ピエロ

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

新潮文庫
重力ピエロ

  • ウェブストアに169冊在庫がございます。(2022年01月28日 02時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 485p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101250236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

著者等紹介

伊坂幸太郎[イサカコウタロウ]
1971(昭和46)年千葉県生れ。’95(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’02年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛され、好評を博す。’03年に発表した『重力ピエロ』は、ミステリファン以外の読者からも喝采をもって迎えられ、一気に読者層を広げた。また『重力ピエロ』で、七〇年代生れとしては、初の直木賞の候補となる。’04年『チルドレン』、’05年『グラスホッパー』、’06年『死神の精度』が直木賞候補に。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サム・ミイラ

1236
初伊坂幸太郎作品。読まず嫌いでした。これほどいい作品とは思わず早く読んでおけば良かったと後悔。連続放火事件で露になる出生の謎と家族の絆。重いテーマながら時にユーモラスで粋、軽妙洒脱とはまさにこの作品の事です。特に会話のセンスが凄い。今まで読んだ作家さんの中で一番。放送作家でも成功間違いなし。なるわけないけど。しばらく伊坂幸太郎にドップリになりそうです(笑)2014/06/01

遥かなる想い

1143
2003年このミス国内第三位。 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。書評には、空中ブランコを飛ぶピエロが、一瞬だけ重力を忘れることができるように、 いかに困難なことであっても必ず飛び越えることができる、という著者の信念が感じられるとあったが、私には途中からよくわからなくなった。「春」という、母親がレイプされたときに身ごもった子の存在感は抜群なのだが…

HIRO1970

1117
⭐️⭐️⭐️伊坂さんは今回初めて手に取りました。特に後半は惹き込まれてしまいサクッと読めてしまいました。全く違う作品なのですが、何故か読後感が初期の村上春樹さんに似ている感じがしました。何となく今後は私の中の気になる作家陣に仲間入りしそうな気配がしました。2014/12/16

ヴェネツィア

1095
モザイク・ラセンとバタイユとガンジー。作品中に頻出するのが、これら3つのキー・コードだ。とりわけモザイク・ラセンは春の出自にも、そして小説全体の展開にも深く係わり、そこからは構想の緻密さを窺わせる。その一方でよくわからない、というかむしろ小説の内容とは齟齬をきたすのではないかと思われるのがガンジー。謎は残るが、展開のスピードは速く、文体は滑ってゆくように軽やかだ。巻末の参考文献の多さを見ると、伊坂氏も相当な意気込みをもって書いた作品だったのだろう。2018/04/01

抹茶モナカ

938
映画が面白かったので読みました。あまり良くなかったかな。僕も弟いるけど、あまり感じる部分もなく。伊坂幸太郎さんは兄弟いるのかな。冒頭と最後を飾る詩的な一行は、作家的感性の賜物で、僕のような人間の頭からは出て来ないだろう、とは思うのだけど、家族の情の描き方は主要なテーマの筈なのに平板な印象。2013/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/581016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。