新潮文庫<br> れもん、よむもん!

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

新潮文庫
れもん、よむもん!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 144p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101215310
  • NDC分類 019
  • Cコード C0179

出版社内容情報

読んできた本を語ることは、自分の内面をさらけ出すことだった! 宝塚とK-POPを愛する漫画家が軽い気持ちで描き始めた読書遍歴は、予期せぬ展開に。父に禁じられた『キス・キス』、絶望の淵へ突き落とされた『ココの詩』、そして、謎めいた級友・はるなちゃんに借りた『放課後の音符』。彼女と愛読書を共有しながら新しい扉が次々と開き……。本と友との最高の出会いに満ちたコミック・エッセイ。

はるな 檸檬[ハルナ レモン]
著・文・その他

内容説明

読んできた本を語ることは、自分の内面をさらけ出すことだった!宝塚とK‐POPを愛する漫画家が軽い気持ちで描き始めた読書遍歴は、予期せぬ展開に。父に禁じられた『キス・キス』、絶望の淵へ突き落とされた『ココの詩』、そして、謎めいた級友・はるなちゃんに借りた『放課後の音符』。彼女と愛読書を共有しながら新しい扉が次々と開き…。本と友との最高の出会いに満ちたコミック・エッセイ。

目次

迷走するふたり
忘れ物番長
キス・キス
父の部屋
時計坂の家
担当ちゃん
ココの詩
衝撃のラスト
星新一と椎名誠
A子と私
わからんわ
はるなちゃん
かっけー!!!!
蝶々・風葬
あこがれ
本当のこと
ラビット病・69
キッチン
ばななのこと
生きるために

著者等紹介

はるな檸檬[ハルナレモン]
1983(昭和58)年、宮崎県生れ。漫画アシスタントやOLを経て2010(平成22)年、宝塚ファンを題材にした「ZUCCA×ZUCA」にて漫画家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

野のこ

65
タイトル装丁とお名前が可愛くてジャケ借り。初読み。エッセイコミック。イラストも可愛くて読みやすかったです。たかどのさんが出てきてこのタイミングの良すぎに感動しました。特に好きな「時計坂の家」が出てきて嬉しかった「ココの詩」は心にずっしりときたショッキングな話だそう。いつか読んでみたいけどはるなさんの感想を見て今はまだ読むタイミングじゃないかな。もうひとりのはるなちゃんとの学校生活が素敵だった。私も子どもの頃から本が好きだったら良かったなぁ。2018/11/16

吉岡里帆そっくりおじさん・どんぎつ寺

64
先日より島田潤一郎『本屋さんしか行きたいとこがない』、柏葉幸子『つづきの図書館』と、本にまつわる読書を楽しんだが、またこんな素敵な本の本を読めた。著者は東村アキコに師事した漫画家で(門下生らしくギャグも面白い)、本書はその読書遍歴コミックエッセイである。小さい頃から本好きだった少女が、読書を通して新しい世界を知り、本絡みで現実を見(これが芸術の大事な味である)、友を作り、言葉に救われる(ラストに引用されているよしもとばななの言葉は本当に名言)。本書に、どんな本も誰かを救う為に書かれている事に気付かされた。2020/07/09

さおり

56
国語の教科書をもらったその日に一気読みするとか、図書室の江戸川乱歩を番号順に読むとか、読書メーターにははるなさんと同じような子ども時代を過ごした人は多いのではないかな、私も含めて。はるなさんと違って我が家は私以外の誰も本を読まなかった(本棚もなかった)し、私の学生時代には本について語り合う友人はいなかったけれど。yom yomに連載された読書体験にまつわるコミックエッセイを文庫化した本書。とりあえず、「ラビット病」を読んでみたくなったし、「69」や「ハチ公の最後の恋人」を再読したくなりました。2020/05/18

アマニョッキ

55
箸休め的に手に取ったら、どうしてどうしてめちゃくちゃ素晴らしいじゃないですか。エイミーの「放課後の音符」はわたしも同じ年頃に手にとってまったく同じ感想を持ったからすごく懐かしい。高校時代わたしにもはるなちゃんみたいなバンカラ(褒め言葉)な友達が一人いて、彼女は今日本最高学府の図書館で司書をしとります。エイミーのあとがきも愛にあふれてる。すべての本好きにおすすめします!2019/07/12

マエダ

53
書店がプッシュしていた読書遍歴本。読んでみて漫画なのには驚いたが、心温まる一冊。2018/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13006215

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。