新潮文庫<br> 猫と庄造と二人のおんな (改版)

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
猫と庄造と二人のおんな (改版)

  • 谷崎潤一郎
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 新潮社(2012/06発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 8pt
  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 172p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101005058
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

にゃあ。実は! 谷崎潤一郎の代表作。日本猫文学の極北。

一匹の猫を中心に、猫を溺愛している愚昧な男、猫に嫉妬し、追い出そうとする女、男への未練から猫を引取って男の心をつなぎとめようとする女の、三者三様の痴態を描く。人間の心に宿る“隷属”への希求を反時代的なヴィジョンとして語り続けた著者が、この作品では、その“隷属”が拒否され、人間が猫のために破滅してゆく姿をのびのびと捉え、ほとんど諷刺画に仕立て上げている。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

345
小説の中でのヒエラルキーは、タイトルそのまま。すなわち最上位が猫で、次が庄造、そして最下位に品子と福子の二人の女という構図だ。全体が濃密な関西方言で語られていることが、この小説に独特の柔らかさと、惚けた味わいとを与えているのだが、関西弁ネイティヴでない人には巻末に付された注が必要であるかもしれない。それにしても、谷崎による庄造の「猫可愛がり」の表現は、実に徹底していて見事というほかない。また、庄造自身の造形も後の織田作之助『夫婦善哉』の柳吉に繋がって行くような、かつての典型的な関西の憎めないダメ男だ。 2013/05/30

216
初めての谷崎潤一郎作品でした。 なんと言ってもリリーですね!リリーのしぐさや気持ちが可愛すぎて・・・庄造の気持ちがちょっとわかりました。前妻と庄造母にも共感出来たけど、今の嫁はちょっと共感出来なかったかなぁ・・。リリーに会いに行くのを通じて庄造が最後に孤独感というか、何かやるせない気持ちになるくだりは良かったです。2014/11/15

小梅

151
これは「庄造と三人のおんな」だな。そしてリリーは、その時々自分にとって一番良い相手にのみ尾を振る最強のおんな…いや、女王様。面白かったです。2015/02/13

ゴンゾウ

122
猫に翻弄される主人公とその妻と前妻をユーモアに描いている。愛妻よりも母親よりも猫を愛すし溺愛する主人公。その男をつなぎとめる為に愛猫の争奪戦を繰り返し嫉妬する女達。初めは嫉妬の対象だった猫に甘えられると心を許してしまう女。猫の為にせっせと尽くす大人たち。あまりにも滑稽で情けなくなる。世間の愛猫家とはこんなものなのだろうか。この大人たちに焦点をあて文学作品に仕上げた谷崎潤一郎はさすがである。2015/12/23

nico

117
飼い主の心猫知らず。周囲の人間が呆れる程、只ひたすらに飼い猫リリーに愛情を注ぐ、正に「猫可愛がり」。表題の順番通り常に猫が一番上。妻や愛人よりも、である。リリーが哀愁に充ちた眼差しでじっと自分を見上げただけでもうメロメロ。リリーの言いなり。リリーは只、飼い主の顔を何気なく見ただけなんだろうけどね…それを言っちゃあ、おしまいよ。谷崎潤一郎も相当の猫好きとみた。猫の描写が具体的で細かすぎる。これは猫を実際に飼っていて、可愛がっている人でなければここまでは描けまい。谷崎潤一郎に対してぐっと親近感がわいた。2018/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。