小学館文庫<br> 良寛にまなぶ「無い」のゆたかさ

電子版価格 ¥507
  • 電書あり

小学館文庫
良寛にまなぶ「無い」のゆたかさ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094050516
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0115

内容説明

良寛は、18歳で出家し、全国を行脚したあと、39歳のとき、故郷の越後(現在の新潟県)に戻ってきた。彼は生涯寺を持たず、無一物の托鉢僧として74年の生涯を越後で終えた。著者の中野孝次は良寛の「無」の生涯とその中から生まれた歌、詩、書に現代人が失ってしまった精神のゆたかさと、日本人としての“たたずまい”を見ている。現代人の欲望とは、まさに対極に生きる良寛。その無辺の人生の歩き方は、現代人の閉ざされた心に深い感動と個として生きることの意味を考えさせてくれる。本書は21世紀を生きるガイドである。

目次

第1章 捨てるとはどういうことか
第2章 騰々任天真
第3章 吾詩はすなわち我なり
第4章 良寛の歌
第5章 良寛の漢詩
第6章 愛語と戒語

出版社内容情報

全てを捨て、「個」として生きることの真実を良寛に学ぶ。

 良寛(一七五七?一八三一)は、一八歳で出家し、全国を行脚したあと、三九歳のとき、故郷の越後(現在の新潟県)に戻ってきた。彼は生涯寺を持たず、無一物の托鉢僧として七四年の生涯を越後で終えた。著者の中野孝次は良寛の「無」の生涯とその中から生まれた歌、詩、書に現代人が失ってしまった精神のゆたかさと、日本人としても“たたずまい”を見ている。現代人の欲望とは、まさに対極に生きる良寛。その無辺の人生の歩き方は、現代人の閉ざされた心に深い感動と個として生きることの意味を考えさせてくれる。本書は二一世紀を生きるガイドである。