マンハッタン計画―プルトニウム人体実験

マンハッタン計画―プルトニウム人体実験

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 366p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093894517
  • NDC分類 559.7
  • Cコード C0031

出版社内容情報

広島、長崎に原爆が投下される4か月前、米国で一般市民にプルトニウムが注射されていた。この恐るべき国家犯罪の実態を、米・地方新聞が7年の歳月をかけて解明しました。’94年度ピューリッツァー賞受賞。

◆◆目次◆◆ プルトニウウムを注射された18人の被験者の記録 ウェルサム記者のレポートについて??広瀬隆 第一部 プルトニウムを注射された患者たち ??アイリーン・ウェルサム 第一章 実験の全体像 人体実験のはじまり プルトニウムとは何か 第二章 モルモットにされた一般市民 [第一発見者]エルマー・アレンの物語 [第二発見者]アルバート・スティーブンズの物語 [第三発見者]イーダ・シュルツ・チャールストンの物語 [第四発見者]ジョン・ムッソの物語 [第五発見者]フレッド・C・サワーズの物語 [第六発見者以後の報告]四歳の幼い少年シメオン・ショーの物語 第二部 人体実験の医師の物語 ??アイリーン・ウェルサムと“アルバカーキ・トリビューン”スタッフ 第一章 人体実験はなぜおこなわれたか 第二章 公開か秘密か??追いつめられるアメリカ政府 第三部 解説 ??広瀬隆 第一章 マンハッタン計画の全体像?人体実験の責任者たちの素顔 第二章 マンハッタン計画の人事?人間から見た東西対立と核兵器・軍需産業の利権 第三章 そのほかの人体実験?原子力産業の誕生 あとがき 人名INDEX 年表 [図版のリスト] マンハッタン計画とプルトニウム人体

内容説明

94年ピューリッツァー賞受賞作品。米国地方紙の記者が7年の歳月をかけ空軍機密文書の「謎の記号」を追跡。「ヒロシマ・ナガサキ」と「原子力産業」を結ぶ狂気の実験とは何だったのか。

目次

第1部 プルトニウムを注射された患者たち
第2部 人体実験の医師の物語
第3部 解説

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くろまによん

10
自国民を欺いてプルトニウムを注入していた――というマンハッタン計画について書かれた本。大変興味深い内容だった。残酷な人体実験といえば枢軸国側ばかりクローズアップされがちだが、「正義」の総本山であるアメリカでもこういったことが行われていた。ニュルンベルク裁判中でもやっていたというのだから余計驚き。さっすが食べ物に放射性物質混ぜて(恐らく日本人を)50万人殺害しようとしていた国やなぁと思う。2014/08/15

7
報道を元にした著作に、おそらく本邦オリジナルの解説、タイトルを添付している。放射性物質が管理区域から気軽に持ち出され、投与された人物が市井に暮らす恐ろしさ。2017/05/05

coolflat

5
プルトニウムファイルを読むより、こちらを読む方がいいと個人的には思う。訳者の広瀬隆による解説とプルトニウム人体実験を受けた18人の写真つき個人履歴があり、全容を理解する上でとても分かりやすいからだ。なお、広瀬隆の解説には、プルトニウム人体実験の首謀者であるマンハッタン計画の全体像が描かれている。赤い楯にあるような人脈図つきである。生体研究と核兵器開発の両輪で行われたマンハッタン計画の悪しき人脈は、当然のことながら、AEC・ABCC・IAEA・WHO・ICRP・NRC・DOEといった組織に受け継がれている。2014/06/26

AZUKI

3
背筋が凍りつきました。2014/08/23

jack

0
アメリカでも、これだから、官僚国家 「日本」 では、どれほどか。☆4.8

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/444130

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。