112日間のママ

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり

112日間のママ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093884648
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「涙で読めない」と書店員さんの声が続々

「夜中の3時だった。僕はもう見ていられなかった。
もうこれは無理だ。奈緒の夫として、奈緒はもうこんなに苦しまなくていい。
そして、息子の父親として、ママのこの姿はもう見せたくない。
もう、十分に頑張った。頑張ったから奈緒は・・・
僕は先生を呼んだ」

番組のスタイリストとしてサポートしてくれていた奈緒さんとの結婚から、妊娠中の乳がん発覚、その後の出産、闘病、そして最後の日々までが、悲しみと悔恨を込めて驚くほど克明に記されています。
当たり前の日常が失われていくリアルな記述に「涙で何度も中断した」「自分も妻にちゃんと向き合おうと思った」といった声が数多く寄せられています。


【編集担当からのおすすめ情報】
病気と闘っていく夫妻の関係から別れまでが克明に記された本書は、清水さんから奈緒さんへのラブレターでもあります。
夫を支えようとし続けた奈緒さんのすごさ。
妻の「思い」を守っていこうとする清水さんの切なさ。
誰もが涙し、自分の大事な人との関係を、もう一度考えさせられます。

清水 健[シミズ ケン]
著・文・その他

内容説明

乳がんで亡くなった妻・奈緒さん(享年29)。そのとき、長男は生後112日だった。関西の人気テレビキャスターが初めて明かす、家族3人の闘い。

目次

第1章 出会いから結婚まで(バラエティーから報道に;弱みを見せてもいいのかもしれない ほか)
第2章 妊娠直後に乳がんが発覚(新しい命;ちょっとした胸のしこりが ほか)
第3章 闘病。竹富島への最後の旅行(宣告;模索 ほか)
第4章 緊急入院。最後のお別れ(「でも泣かない」;初めての弱音 ほか)
第5章 番組へ復帰(復帰;奈緒の後押し ほか)

著者等紹介

清水健[シミズケン]
1976年大阪府堺市生まれ。大阪府立泉陽高校、中央大学文学部社会学科卒。2001年讀賣テレビに入社。『あさパラ!』『どっちの料理ショー』などの情報バラエティー番組を担当し、2009年からは夕方の報道番組『かんさい情報ネットten.(通称『ten.』)』を担当、現在、メインキャスターをつとめる。2013年5月に、スタイリストだった奈緒さんと結婚。2014年長男が誕生。2013年から3年連続で大阪マラソンに出場。『シミケン』の愛称で親しまれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

101
「乳がんで亡くなった妻奈緒さん(享年29)その時長男は生後112日だった」というサブタイトルだけで切なさが募る。報道キャスターという舞台でプレッシャーに押しつぶされそうな日常で、当時シミケンさんのスタイリストだった奈緒さんと交際、結婚。1年後には妊娠という幸せ絶頂の中がん発覚。出産か治療かの決断に迷わず出産を決めた奈緒さん。そして出産。しかし妊娠中、詳しいがん検査ができず、結果至る所に転移。余命1ヶ月。いつも夫や周りの方を気にして笑顔を絶やさない奈緒さん。絶対に守りたくて忙しい仕事の合間に情報を集め→2017/09/30

おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと…

91
--/--点 関西の夕方の情報番組のキャスターをしているシミケンと奥さんとの涙・涙の闘病記。この本を読んで進行性乳がんの恐ろしさを痛感したことと、結婚生活1年9ヶ月の旦那と僅か出産112日しかたたない我が子を残して旅立つ奈緒さんの無念を思うと涙が止まりませんでした。私の身内にも乳がんを患った者がいるので、とても他人事とは思えませんでした。2017/01/08

ドリル

83
ずっと読みたいと思ってたのに図書館の予約待ちやった。ところが、先週実家に帰ると本棚に並んでたのを見て、母親に借りて帰った。関西ではおなじみの元キャスターのしみけんこと清水健の奥さんの闘病記。はっきり言って涙なしでは読むことが出来ない。気がつけば、電車の車内で涙を流してた…(恥ずかしい。)奈緒さん(奥さん)の気丈な振る舞いと愛情にとても惹きつけられる。また、生まれて来た子供とのことは、幼い子を持つ俺にとっては涙腺ゆるゆるゾーン。今できることを奥さんと娘の為に精一杯頑張ろうと決意させられた。(★★★★)2017/06/30

milk tea

82
文字を追ってる間も、鼻がツーンとなり、ウルウルで読めなくなってしまった。ページをめくる度に、表紙の奈緒さんを見る。笑顔がステキすぎる。でもこの時も苦しかったんだよね。あ〜、29歳って若すぎ。ママになって112日って短すぎ。特に息子くんには沢山の思いがあったことでしょう。乳がんにもいろんな種類があることを知りました。家族のためにも検診だけは受けるべきと強く思いました。2016/05/07

ミーコ

71
清水健さんの事は知りませんでしたが この本は読みたいと思い、手にしました。私なら とてもじゃないけど 奈緒さんの様にはなれません。回りに当たり散らし泣きわめくと思います。こんなにも、まわりに気を遣い優しい奈緒さんが こんな目に合わなければいけないのか とても理不尽でなりません。ママになって、たった112日だけしか生きられなかった奈緒さん どんなに悔しかった事でしょう。 きっと空の上から健さんと息子さんを見守っておられると思います。 ただただご冥福をお祈りいたします。2016/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10505579

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。