お喋りなことば―コミュニケーションが伝えるもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093873116
  • NDC分類 801
  • Cコード C0081

出版社内容情報

人はなぜ言葉でわかりあえるのか。それは言葉に潜む様々な機能を巧みに活かして使っているからです。そうした人間の言語活動を広告のコピー・童話・詩(谷川俊太郎・宮沢賢治・草野心平など)・マンガ(吉田戦車)などのなじみの深い実例をもとに平易に紹介。

 言葉には多用な機能があります。にもかかわらずわれわれ人間は、言葉のそうした機能を意識して使うということはめったにありません。しかし、コミュニケーションなどの人間の言語活動を注意深く観察してみますと、ある時は意識的に、またある時は無意識的に言葉の内部に存在する機能を巧みに引き出して使っていることがわかります。本書は、そうした言葉のもつ機能の数々を、広告のコピー・童話・詩(谷川俊太郎・宮沢賢治・草野心平など)・マンガ(吉田戦車)等々、なじみ深い実例をもとにわかりやすく紹介しています。人間が実際にあやつりあやつられてきた言葉の機能の広さと奥深さを再確認させるとともに、「言葉とはなにか」というもっとも根本的な問題に対する一つの答えを与えてくれる一冊です。

内容説明

“ことば”はいかにして“ことば”になるのか?人はなぜその“ことば”でわかりあえるのか?“ことば”がもつ力や働きの秘密を、コミュニケーションという言語活動を通して解き明かした、新進気鋭の言語学者の意欲作。

目次

序章 ことばの地平線を求めて
第1章 ことばは嘘をつく
第2章 名は体をあらわす
第3章 詩になったことば、ならなかったことば
第4章 ことばを生きること

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

koyasho

1
かなりの名著では。詩や小説や身の回りにあるものを素材としたことばの話。「ものの見方」についての説明が、当たり前とはいえなるほどと思った。私たちは無意識のうちに、強弱をつけながらものを見ている。本質的な要素と周辺的な要素を、意識しなくとも分けている。だから、均質的な描写、強弱をつけない人工的な描写は、ものを客観的に描くどころか、その存在感を奪い取ってしまう。2016/12/05

しく

1
菅野覚明『詩と国家』の参考文献に上がっていたので。詩についての記述は正直そうでも無かったが、言葉の持つある種の回路についての話は興味深かった。2013/09/18

どんどん

0
宮沢賢治や詩に使われる言葉について。とても面白い。2019/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1173563

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。