• ポイントキャンペーン

桂文楽のちょっと粋な話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408592930
  • NDC分類 779.13

内容説明

誰も知らない師匠・八代目桂文楽の素顔、江戸の香りの残る下町での前座時代、高度成長時代の浮かれたキャバレーetc…ちょっと懐かしい東京と、粋な日常をつづった九代目桂文楽の初のエッセイ。

目次

第1席 あたしの修業時代(九代目桂文楽襲名;弟子になりたい一心で ほか)
第2席 師匠・八代目桂文楽のはなし(八代目文楽と料亭の客;師匠のお供の料亭めぐり ほか)
第3席 芸の話あれこれ(噺家のネタは財産;三遊亭円之助兄サンの思い出 ほか)
第4席 こんなこともありました(借金のカタで結婚!;男の甲斐性 ほか)
第5席 日々雑記と美味しい話(どうせ住むなら「粋な家」;文楽直伝「着物の着こなし」 ほか)

著者紹介

桂文楽[カツラブンラク]
1938年9月21日、東京・浅草に生まれる。十九歳の時、八代目桂文楽に入門、内弟子として修行を始める。「桂小益」で初高座。73年、真打ち昇進。92年、九代目桂文楽を襲名。同年社団法人落語協会理事に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)