欠点を長所にすると学力はグーンと伸びる!―いますぐ親ができる家庭学習27のメソッド

個数:

欠点を長所にすると学力はグーンと伸びる!―いますぐ親ができる家庭学習27のメソッド

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093453677
  • NDC分類 379.9

内容説明

「ゆとり教育」から一転、「学力強化」を打ち出した文部科学省。新たに始まる「発展的学習」を前に、勉強の教え方がわからないお父さん、お母さん必読。

目次

塾に行っても成績が伸びない―大切なのは「親の情報量」と「子供への問いかけ」です
漢字はできるのに作文は書けない―考えながら書く力を高めるパソコン5行日記
わからないと、すぐに投げ出してしまう―「できない」が口癖の子に、百人一首と立ちブリッジ
都合が悪くなると、すぐうそをつく―子供の人間性は信じても、話しは鵜呑みにしない
通知評の成績が上がらない―3、4年生の算数なら、繰り上がりの足し算ができるかを、まず確認
新しい先生になじめない―「自分から話しかけること」を子供に実感させる
忘れ物が多い―子供がすべき6か条にくわえ、親は生活リズムを整えること
友だちをなかなかつくれない―まずは自分から話しかけること。自分の気持ちを言葉にする力を育てましょう
ごちゃごちゃは禁物―成績アップにつながるノートのつけ方5か条
月曜日に学校へ行きたがらない―就寝時間を守らせ、親子でジョギングを〔ほか〕

著者紹介

陰山英男[カゲヤマヒデオ]
広島県尾道市立土堂小学校校長。’58年、兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒業。兵庫県朝来町立山口小学校教諭時代に学力向上を目指し、同僚とともに「百ます計算」や音読など、「読み書き計算」の反復練習による独自のプログラムに取り組む。同時に「学力の基礎は生命力にある」として、生徒の家庭生活の改善にも学校をあげて努める。進学塾とは無縁の山に囲まれた山口小学校の卒業生が、その後難関大学に多数合格し、基礎学習の徹底と生活習慣の改善が学力を伸ばすことを証明した

出版社内容情報

勉強の教え方がわかる! 家庭学習の手引き

百ます計算で有名な陰山英男先生(広島県尾道市立土堂小学校校長)が、子供(小学生)の学習上でのつまずきを27に分類し、その原因と家庭での克服法をわかりやすく解説。別冊には、つまずきを克服するのに役立つ「陰山メソッド」の反復プリント付きです。 '02年、文部科学省が導入した「ゆとり教育」は、教育現場にさまざまな問題を引き起こし、近年、子供たちの学力低下が著しくなっています。そのためか、文科省は今年度「ゆとり教育」から一転、「学力強化」へ動きだしました。しかし、子供のつまずきを放置したままでは、さらなる学力低下を招きかねません。本書は、「子供のつまずき克服は家庭での生活改善」を基本に、「いますぐ親ができること」を紹介しています。