中央大学学術図書<br> 資本主義の発展と崩壊―長期波動論研究序説

個数:

中央大学学術図書
資本主義の発展と崩壊―長期波動論研究序説

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784805721599
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、著者がおよそ30年間にわたって行なってきた、崩壊論、恐慌論(再生産論を含む)、帝国主義論に関する理論史研究の一成果である。

目次

序章 予備的考察と本書の構成
第1章 長期波動論の生成過程―長期波動論の理論的性格について
第2章 パルヴスの長期波動論―20世紀初頭における植民地政策論争
第3章 「金・物価論争」と長期波動論―20世紀初頭の物価騰貴の原因をめぐって
第4章 「均衡蓄積軌道」と資本主義発展の長期波動―長期波動論をめぐる1920年代ロシアの議論を素材にして
第5章 全般的危機論と長期波動論―「戦間期」資本主義の歴史的位置づけの問題について
第6章 帝国主義論と長期波動論
第7章 利潤率の傾向的低下の法則と長期波動論―『資本論』第3部草稿第3章の検討を中心にして
第8章 長期波動の社会的影響―長期波動と社会運動
補章 現代資本主義分析と長期波動論―レギュラシオン理論と国家独占資本主義論の批判的検討

著者等紹介

市原健志[イチハラケンジ]
1943年東京に生れる。1968年中央大学商学部卒業。1974年中央大学大学院商学研究科後期課程単位取得・中退。1973年中央大学商学部助手、専任講師、助教授を経て1984年教授、現在に至る。経済学博士(中央大学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。