SUPERサイエンス<br> ニセ科学の栄光と挫折

個数:
電子版価格 ¥1,801
  • 電書あり

SUPERサイエンス
ニセ科学の栄光と挫折

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月08日 14時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863543416
  • NDC分類 402
  • Cコード C0043

内容説明

ニセ科学がもたらした光と闇に迫る!ニセ科学は実験結果の捏造、論理の飛躍、バイアスのかかった統計など学会や地位などの権威を悪用して人を騙してきた歴史がある。しかし、太古の昔は宗教と科学・医学・天文学は同居し、ニセ科学と本物の科学は常に共存しながら人類は発展してきたのである。本書では、ニセ科学の歴史や伝承の知恵、科学界における不当な改竄や捏造の例を紹介する。

目次

1 古代・中世の科学
2 近・現代の科学
3 伝承の知恵と迷信
4 食生活の迷信
5 健康の迷信
6 原子炉の現実
7 捏造事件

著者等紹介

齋藤勝裕[サイトウカツヒロ]
名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上。量子化学から生命化学まで、化学の全領域にわたる。更には金属や毒物の解説、電波メディアで化学物質の解説も行う。化学推理小説もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。