ビッグコミックス<br> 浮浪雲 〈80〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
浮浪雲 〈80〉

  • ジョージ秋山
  • 価格 ¥545(本体¥505)
  • 小学館(2005/08発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 10pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ コミック判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091864802
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の名人浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ!!

▼第1話/赤ちゃん▼第2話/過食の子▼第3話/娼婦・あや▼第4話/呵々大賞▼第5話/人情てんこもり▼第6話/父娘(おやこ)橋▼第7話/春の雑炊▼第8話/主婦と生活▼第9話/春雨●主な登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場「夢屋」の頭。飄々とした遊び人)、おカメ(雲の妻。夫や子供たちを大きな愛で包む女性)、新之助(雲の息子。真面目な少年)、お花(雲の娘。お転婆だが、なかなか鋭い)●あらすじ/イジメられて帰ってきた娘・お花を、無言で抱きしめてやるおカメ。その“母”としての大きな愛は、すべての母親の手本のようである。一方、とある長屋には、我が子の夜泣きに毎晩頭を悩ましている若い母親がひとり。つい、我が子に対して、手荒なことをしてしまうのであったが…!?(第1話)▼ある日、ボロボロの着物を着た女の子と出会ったことから、複雑な想いを抱きはじめたお花。仲が良かった欲次郎さんとのおしゃべりすらしなくなってしまい、少々心配顔の兄・新之助だが、一方の母・おカメは「お花の心の中はお見通しよ」とまったく心配していない様子。その言葉を受けて、新之助もしばらく様子を見てみることにしたのだが…!?(第2話)●本巻の特徴/子育てに悩む若い女性、つっぱって生き