ビッグコミックス<br> あずみ 〈26〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
あずみ 〈26〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 1冊/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861269
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

権力者たちが平和の大義の元に、最後の戦乱へと突き進んでいった時代!! 修羅に生きる殺戮集団として、純粋培養された少女たちがいた!!

▼第1話/叺▼第2話/強者▼第3話/情炎▼第4話/決意の刃▼第5話/苦悶▼第6話/奸計▼第7話/二ノ足●主な登場人物/あずみ(精鋭の刺客として純粋培養された少女)、飛猿(井上勘兵衛に仕えていた忍者。現在は天海に保護され、あずみとともに密命を帯びる)、南海坊天海(亡き家康のブレーン。あずみを保護し、新たな使命を授ける)、柳生宗矩(柳生新陰流当主。2代将軍徳川秀忠の信任厚く、家康を討ったあずみを抹殺するため暗躍する)●あらすじ/反幕府軍との全面戦争に突入し、次々と敵である忍び衆を倒していくあずみたち。だが、敵の少年部隊に宿舎を突き止められてしまう。一方、忍び衆に監禁されていた、あずみの仲間、はつねは監視の者を欺いて部屋を抜け出すが、敵に囲まれてしまい…!?(第1話)●本巻の特徴/ 忍び衆の頭領七名を刺殺したあずみたちだが、敵の総攻撃を受け、味方は散り散りになってしまう。戦線を離れたあずみは、兵介から使命に対する疑問を投げかけられるが…!?●その他の登場人物/はつね、かがり(天海からの密命を受け、雪国の領地の秘密を守る剣士。あずみの新しい仲間だが…?)、兵介(天海に見いだされた、謎多き仲間)、宮本武蔵(二刀流の達人。あ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

地下鉄パミュ

7
またあずみに悩み発動。今まで自分の信じた道を進んで来たとは思うが、重要な場面では流されている感じさえする。自分が誰を信じ、誰を討つのか一度整理する必要がありそうだ。だが悠長な事を言ってる暇も無いのだが。宮本武蔵がなかなかに口達者だ。ここまで高尚な事を言える。真の実力を見てみたい物です。武蔵VSあずみ。世紀の戦いになるが、やって良いのか?との疑問も。プロレス的に見立てるなら結果は有耶無耶が予想される笑。2021/03/27

Hiroki Nishizumi

3
安部蔵人!!思った通りの手練れ!! 枝打ちの意義を再確認せざるを得ない心境のあずみ。そして誇り高き武蔵。2018/04/15

読み人知らず

3
4人の子供たちは昔のあずみたち。それは切れないよなあ。そういうところがあずみだ。2010/10/11

グレ

2
はつね、かがり、無念。2013/08/31

ぬこっこ

2
一人一人消えていく仲間。殺すことへの疑問。平和の築き方の違い。揺れ動く心。……すごく重い話です。あずみはいったい自分の心にどういう決着をつけるのか。2010/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。