ビッグコミックススペシャル<br> 電脳炎 〈1〉 - マック版

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックススペシャル
電脳炎 〈1〉 - マック版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091857910
  • Cコード C9979

出版社内容情報

奇才・唐沢なをきがコンピュータ関連の事柄(モバイル、デジカメ、インターネットetc…)を織りまぜて繰り広げる、4コマギャグの数々。

●登場人物/課長(どこの会社でもいそうなパソコン恐怖症気味の中年男)、OA仮面(メカに弱い課長の味方)●本巻の特徴/電脳炎マック版はどちらのユーザーにも楽しんでいただけるように90%同一(当社比)です。巻頭カラーのiMac購入の話は描きおろし。本誌収録の97.6.20以降、その時々のコンピュータに関する出来事(モバイル、デジカメ、インターネット、Windows98、iMac、etc…)を織りまぜながら繰り広げられる、ちょっとヒトを小馬鹿にするようなギャグの数々。巻末には「今さら誰にも聞けなかったコンピュータの全て」のコラムも収録。●その他の登場キャラクター/新入社員ホヤタくん(極端にメカに弱い)、家庭内LANとおさん(家庭内LAN敷設に情熱を燃やすが、おくさんに相手にされない)、実況中継モバイラー(運動会から花見まで、ホームページに実況中継)、恐怖のおしつけくん(パソコンがわからないのをいいことに、課長にいろいろ押しつけまくる)●その他データ/裏表紙には◎私の愛したコンピュータ達◎と題して、唐沢氏が「火の鳥/未来編」に登場するウイン版とは別のコンピュータを取り上げている。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hibimoriSitaro

1
再読。1999年5月初版。四コママンガを1本/頁に収める縦長な新書サイズである。ビッグコミックに連載だったのでかなーり手加減してる印象だ。当時就職していてPCが会社に入ってくる過程を体験していないとさっぱりわからんちんな時代劇になってしまった。2021/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。