幻冬舎新書<br> 極上の孤独

個数:
電子版価格 ¥815
  • 電書あり

幻冬舎新書
極上の孤独

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月25日 14時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 181p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344984936
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

内容説明

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

目次

第1章 なぜ私は孤独を好むのか(なぜ誰もが「孤独」を嫌うのか;サイのように孤高に生きたい ほか)
第2章 極上の孤独を味わう(子供時代はいつも一人;他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ ほか)
第3章 中年からの孤独をどう過ごすか(一人の時間を大切にすると夢がかなう;孤独上手は中年から本領を発揮する ほか)
第4章 孤独と品性は切り離せない(年をとると品性が顔に出る;孤独を知る人は美しい ほか)
第5章 孤独の中で自分を知る(絶望したからこそ得られること;親の死後の孤独は格別 ほか)

著者等紹介

下重暁子[シモジュウアキコ]
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。女性トップアナウンサーとして活躍後、フリーとなる。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧・日本自転車振興会)会長等を歴任。日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

416
「孤独=悪」ではない、というのがこの本の主旨。「孤独の効用を語り尽くす」バックカバーの宣伝文句にも引きつけられた。”極上の孤独”とは、誰にもわずらわされることなく自分と向き合い、自分自身を知ることだという。「好きな本を読み、妄想にふける」こんな生き方は、今の私の理想形。本文中に出てきた『ホームレス歌人のいた冬』を無性に読みたくなった。16世紀のスペイン詩人の言葉。「孤独な鳥はしずかに歌う」も心に沁みる。2022/06/26

ねこ

171
元アナウンサーで文筆家の著者であるにも関わらず読者との対話が余りうまくない印象でした。自転車振興会の会長を6年されていた後遺症かもしれません。私は基本、孤独は好きです。一人旅、散歩、読書。でも、気の合う仲間と談笑したり、みんなでワイワイするのも好き。つまりバランスですね。このバランス比率は人によって心地いい割合が違うと思います。年を取ると品性が顔に出るとありました。また、孤独を刺激する若い友人を作るといいとありました。その通りだと思います。私の心には同意する事は多いのですがハッとする事はありませんでした。2022/08/31

ナマアタタカイカタタタキキ

167
著者は、小学校時代に結核のため二年間も自宅で療養していたそうで、その経験から一人の時間の有意義さを学んだという。前半はそのような時間を殆ど持たない人々に向けてその効用を説いており、後半からは孤独を制した者の具体例を挙げているが、著者に関しては逆に出会いに恵まれたエピソードが多く、どちらかというと、周囲に振り回されないことや、人と人との繋がりの大切さを感じる内容。そもそも著者が認識する孤独の定義自体に疑問を感じるところがあって、真に独りきりで日々思い詰めながら堪えている人々にとって救いとなる一冊かどうかは…2020/05/04

けいご

149
様々な本を読んでいくうちに「人生の魅力と孤独は表裏一体なんじゃないだろうか?」と思い始め手に取った1冊★あなたは周りに合わせるのではなく自分自身の内なる素直な気持ちに沿って生きること出来ていますか?孤独を恐れすぎて自分を失うぐらいならば一人で歩もう。孤独は自分の気持ちにどれだけ耳を傾けるかで最終的に人生をフルコースで味わえるか、味のないガムとして噛み続けるかその意味が変わってくるものかもしれないね。孤独は唯一無二の友とすべき!っと言われた気がしました★2021/08/01

とも

115
品のいい素敵なお話だった。 私は一人暮らしは長いが、品と伸びやかな孤独にはまだまだだ。 極上の孤独を味わうには、しっかり自分と向き合う事が大事なようだ。 一人の時間を大切に、読書を楽しもう。2021/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12754233
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。