秋本治の仕事術―『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由(わけ)

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

秋本治の仕事術―『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由(わけ)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月08日 14時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087880106
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

少年ジャンプで一度の休載もせずに40年間連載を続けた作家=秋本治は、どのような思考・行動で日々仕事をしていたか?
その「時間術」「取材術」「職場のマネジメント術」は無類の説得力を持つ。働き方改革が騒がれる中、ベスト&ロングセラー漫画家の働き方を本邦初公開!

こち亀作者の仕事術を「時間術」「取材術」「人間関係術」など章分けで説明。
・40年間無休で週刊連載を続けられた秘訣
・週刊連載時代、1日・1週間・1か月をどのように過ごしていたのか、タイムスケジュール初公開!
・「こち亀」の毎回のアイディアはどこから出てきたのか。考え方、取材の仕方。
・仕事をする際に考えることは、まず自分が夢中になって楽しむこと。
・モチベーションを長く、高く持ち続けるための方法。
・歴代担当全てに好かれる秋本先生の人間関係の作り方

おまけ漫画「両津勘吉の仕事術(仮)」掲載予定!

内容説明

明るく笑って生涯現役が大鉄則だぞ。セルフマネジメント術、時間術、発想術…40年無休で偉業を成し遂げた著者の仕事術を初公開!

目次

第1章 セルフマネジメント術
第2章 時間術
第3章 コミュニケーション術
第4章 発想術
第5章 健康術
第6章 未来術

著者等紹介

秋本治[アキモトオサム]
漫画家。1952年12月11日生まれ。東京都葛飾区亀有出身。1976年、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(週刊少年ジャンプ)で連載デビュー。2016年、40年間、全200巻に及ぶ連載が終了。同作は「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録に認定された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

85
40年皆勤で掲載を成し遂げた仕事哲学。秘策はなく、基本を徹底している感。文字通り「持続性」。様々な観点で、印象に残った姿勢を挙げてみる。できない仕事は引き受けないなどの難度管理と共に、一山超えた後も”普通に”仕事をこなす業務量管理。生の声という能動性に重きを置きつつ、ラジオなど受動的にも、情報にアンテナを張ることでの”鮮度”管理。思わずだよね~、と感じたのが、時間的余裕を担当者に知らせないこと!持ちつ持たれつの時間管理。随所に両さんが登場して気持ちも和む。2020/10/30

あっか

77
ずっと読みたかった1冊。面白かったー!仕事術、という観点より普通にこち亀連載40年の裏話として楽しく読んじゃいました^^漫画家さんって過酷で身体を壊す…というイメージだったのですが、生活も時間もきちんとマネジメントしてきた積み重ねが楽しく200巻も出せたことに繋がったのかなと思いました。両津が破天荒なので秋本先生も…?と思いがちですが(笑)キャリアを驕らず全てに「偉そうに言って申し訳ないけど」と枕詞が付きそうな雰囲気がとても読みやすくすんなり入って来ました。温かく謙虚なお人柄が伝わってくる素敵な内容。2020/03/09

コウメ

71
てっきり秋元治先生も両津に性格が似ているかな〜って読んでみたけど全然違っててビックリ。とくに先生は「時間」についてはこち亀にでてくる「72時間働けますか」をモットーにしている中川龍一郎社長のような時間の使い方ににていて驚いた。「変化を恐れず飛び込み、つねに情報をチェックしておく」というところは印象的。2019/12/10

ミライ

49
週刊少年ジャンプにて、マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」を、40年間一度も休まずに連載を続けた秋本治先生による著書。秋本先生自身がどのような思考・行動で、競争の激しいマンガ業界で長きに渡り連載を続けてこれたかの秘訣が収録されている。セルフマネジメント術はもちろん、ネタの取集・発想方法、時間の使い方まで余すことなく語られる、下手なビジネス書よりもいいこと書かれているので、ビジネスマンの方にもおすすめの一冊。ラストにこち亀の描き下ろしマンガも掲載されているのでお得感あり。2019/08/10

akiᵕ̈*

42
大好きだった『こち亀』❣️その著者である秋元さんが40年間も休まず連載を続けてこれた仕事術とは?が詰まった一冊。こち亀の両さんの単細胞で破茶滅茶っぷりは、本当に自分の人生楽しんだもん勝ち♩が溢れていたけど、作者の秋元さんときたら、『時間管理』においてが、ガチガチではないんだけど自然に日常の中に落とし込まれていて、その無駄の無さが徹底されています。秋元さんにとっては、仕事だけど仕事じゃない、好きで好きでたまらない趣味の延長線上に漫画を描くという作業があって、地道にコツコツと取り組んでいるのが窺い知れました。2019/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14092247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。