風とけものと友人たち

風とけものと友人たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087730555
  • NDC分類 933

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぱせり

4
豊かすぎるこの環境(七章の暑すぎる夏の「贈り物」は怖ろしい・・・こういうのも「豊かさ」のうちですね)と、この受け入れいの広いお母さん(ムーミンママのイメージて、ほんとですね!)のもとで育つ子ども時代。どんなに羨んでも足りないくらい。わたしもこの家のお客になって、ダレル夫人に歓迎してもらえたら、どんなに幸せだろう。ああ、これで三冊め。とうとうおしまいだ。あわせて、今年の夏も終わっていくなあ、と少しさびしい。2011/09/12

ロピケ

2
第2作『鳥とけものと親類たち』が近所の図書館でどうしても見つからず、先にこちらを読んでしまった。心配をよそに2作目の流れを掴んでいなくても全く問題無しに楽しめた。コルフでの抱腹絶倒生活を追体験できる。何しろダレル家の人間、コルフ住民、ダレル家のゲストの三位一体に加えて、コルフ島の自然がなんとも魅力的。訳者の池澤さんがギリシャへ飛んだ気持ちも十分理解できる。ジージーのためのパーティーの『くらやみクラレフスキィ』と『するするステファニデス』のショーやクリーチ船長の歌(途中まで!)をその場で鑑賞できたらなあ…。2011/09/16

heathertop

2
インドからやってきたプリンスなどの新キャラも加わり、三冊目にしてネタに衰えがないところがすごい。ジェラルド少年がコルフ島で過ごした5年間は、よほど濃密なものであったに違いない。2010/03/03

きゆらむ

1
コルフ島シリーズ第三弾。相変わらずの楽しさ。素敵なお母さんの出自がインドだった。そしてあまり詳しく書かれてなかった、自慢のお料理が結構出てきて嬉しい。何と言ってもラリーのユーモアはパンチが効いてる。お母さんをからかうところとか大好き。レズリーのいたずら好きも新たに出てきた。これで終わってしまうのかと思うと寂しい。いつまででも読んでいたい。これも図書館で借りた。3冊とも手元に置きたい。2017/07/31

ぐう

1
コルフ島シリーズ最終巻・・・もっと読みたいなぁ。訳者が魅了されて移住しちゃうのも頷けます。今となっては夢のような生活ですね。登場人物も環境もとっても魅力的で楽しめました。2015/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/722

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。