ピアニシモ

ピアニシモ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784087727258
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

僕だけのヒーローはどこにいる?学校に、家庭に、伝言ダイヤルのむこうに。それとも都会のコンクリートジャングルに?ブランク・ジェネレーション(空白の世代)におくる、新しい時代のビート文学。すばる文学賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海月

8
20年以上前の作品だけど、現在でも違和感なく読めると思います。肯定的に見れば未来を予見した作品だと言うことも可能ですが、~のように、~のごとくと言った表現が多く、それが気になって若干読みにくく感じました。書かれている内容に勢いがあるだけに、惜しい気がします。でも、デビュー作らしい若さや瑞々しさを感じる作品でした。2013/04/21

Costa まさ

4
駅のプラットホームで遭遇した自殺者、病院の老人、顔を知らない電話友達、自分がいじめられないために暴力を振るうクラスメイト、登場人物達に生々しさが感じられない。それが作者の意図的なモノだとしても、最後まで納得出来なかった。2016/07/08

Yuri

3
全般的に ほの暗い印象だが、「決別」することで、暗いイメージで終わらせないところがいい。 自分が生まれる前に書かれた小説であるが、今読んでも違和感はそれほどなく読める1冊。2018/07/29

のら

2
悲しみ、孤独から生まれたであろう幻影=分身と、現実を受け止めたことで別れを告げた少年。発売当時に読んで見えなかったものが、年齢を重ねてさまざまな経験をし、見える気がした。少年も私もそれぞれに成長したのだ。そして、少年も私も前に進まねばならない。中年でも読見直して良かった。それにしても「いじめ」の問題は25年経ってもまったく解決していないのだなあ。本作にもある通り、ひとえに無関心、無責任のせい。命に関わること、一生背負う心の傷になること。なんとか対策を、と願いたい。2015/07/21

なおこ

2
なぜ、物心がつく頃から幻影がいたのか。寂しい気持ちを埋めるための幻影なのに、幸せな家族生活を送っていた小さい頃からいるというのが、腑に落ちなかった。比喩表現が多く、最初は読み辛かったがなんとか読了。自分ではない誰かに認められて、初めて自立できるのだろう。殻を割った主人公の前向きな一歩が良かった。2014/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/418331

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。