集英社文庫<br> 江戸の賄賂

電子版価格 ¥432
  • 電書あり

集英社文庫
江戸の賄賂

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087488487
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0195

内容説明

江戸は賄賂の温床であった。それは家康以来の大名分断政策によるところが大きいが、贈り物は一種の「ごあいさつ」、美風とさえ考えられていた。老中として権勢をほしいままにした田沼意次、公共事業で偉大な業績を遺した河村瑞賢らの論理と方法を紹介し、贈る側の「美学」・貰う側の「理屈」を分析する。今も昔も清と濁との繰り返し。江戸を語りながら現在を照らす。

目次

第1章 消費バブル都市・江戸
第2章 贈賄の美学
第3章 収賄の理屈
第4章 田沼意次の賄賂哲学
第5章 幕末の「経世済民」論