杉原千畝物語―命のビザをありがとう

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

杉原千畝物語―命のビザをありがとう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784323018768
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8093

出版社内容情報

第二次大戦中、ナチスドイツの迫害から逃れるユダヤ人を救うために、6   

内容説明

6000人のユダヤ人を救うために、心の命令に従った外交官、杉原千畝の生涯。感動のノンフィクション。

目次

1 ヨーロッパへの旅だち
2 リトアニアの日本領事
3 ユダヤ人難民の群れ
4 外務省の命令にそむいて
5 ユダヤ人の命のビザ
6 「ありがとう、スギハラ!」
7 大戦下のヨーロッパで
8 ブカレストの日び
9 やぶれた国の外交官
10 日本への長い旅
11 わたしたちは忘れない

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

62
戦争中、ビザの発行で多数の人命を救った、杉原千畝という外交官の名前だけは知っていたが、まとまった伝記を読むのは初めて。奥さんとご長男が著者で、千畝氏を最もよく知る人によるもの。児童向きに書かれていて、非常に理解しやすいだけでなく、当時の複雑なヨーロッパと日本の情勢もわかるようになっている。ビザの発行は命令にそむくことへの苦悩のすえであり、戦後は外務省を去ることに。私たちに問いかけられているのは、果たして杉原さんのような立場であったら、命令にそむいてでも人命を救う勇気を持てるだろうか、ということだと思う。2021/12/17

ツキノ

20
三男は読んだけれどわたしも未読だったので読む。奥様の幸子さんが「パパ」と呼びつつ仕事ぶりや苦悩について語る。写真が随分残っているんだなと思ったら終戦後、ソ連の収容所から収容所へ移動している最中、写真がみつかってしまい「子どもたちの思い出だから家族が写っているものは返して」と頼み、検閲官が大目に見てくれ、写真の山からつかみどりするように取ったその中に領事館の前で待っているユダヤ人の写真があった、という。この偶然にもぐっときてしまう。エルサレムには「ヤド・バシュム」という記念館があるという。2015/12/19

mori_mori

12
ニュースで以前聞いた事があったのでどんな人か気になっていました、子供の本棚で見つけて思わず、「何でここにあるの? 貸して!」 戦時中にも関わらず、この様な事を行った日本人がいたかと驚きでした。黙ってご主人についていった奥様もご苦労だったと思います。子供に読んで欲しい本ですね!2012/03/06

みか

11
ナチスに追われるユダヤ人に大量のビザを発行した杉原千畝さんのお話です。試写会の予習に読んでみました。ユダヤ人を助けてあげたい...。そんな想いはあっても国に逆らったらどうなるか、また自分には守るべき家族がいる。悩んだ末の英断により6,000人以上もの命を救った偉業は本当すごいです。映画では事務員グッジェの用意したスタンプによりビザ作成のスピードが飛躍的に上がり、最後まで千畝さんに協力する様子が描かれていていました。みんなの少しでも多くの人を救おうとする様子に感動です。2015/11/30

よちよち

7
第二次世界大戦の混乱の中、リトアニア、カウナスの領事代理杉原千畝が手書きで発行したビザで多くのユダヤ人の命が救われた。時を経て検証される偉業である。そのビザで日本にきたユダヤ人の海外出国に尽力したのが小辻節三である。生前、二人が出会っていたら、どんな会話が交わされたのだろうかと、思いを馳せてみた。 2013/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/408375
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。