集英社文庫<br> 会津士魂〈1〉会津藩 京へ

個数:
電子版価格 ¥555
  • 電書あり

集英社文庫
会津士魂〈1〉会津藩 京へ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 00時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 343p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087488166
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幕末、京都を中心に尊皇攘夷の嵐が吹きあれる中、会津藩主松平容保は、京都守護職を拝命し、京都の秩序回復と禁裏の守護に当たるべく藩士を率いて上洛した。天皇に忠を、幕府に孝を尽くした会津藩主従が、なぜ朝敵の汚名を被らねばならなかったか。幕末悲劇の真相を追求する著者畢生の大河歴史小説。吉川英治文学賞受賞作品。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

62
海音寺氏の『西郷隆盛』の会津Vs長州の場面を読み、こちらの『会津士魂』を読みたくなった。幕末モノと言えば薩長が英雄となる物語が多いが、こちらは会津の視点とした物語で薩長等はテロとした扱いで物語が進む。かつて「幕末という時代で一番の功績は薩長ではなく幕府かな」なんて言った人もいたが、こちらの視点の物語の方が実は正しいのかもしれない。じっくりと会津物語を楽しみたい。2018/01/08

てっしー

9
大河ドラマ「八重の桜」の知識補完のために読んだ。著者の歴史論4割、小説6割といった感じで、幕末史をひたすら会津藩側に愛情を込めて描いている。明治維新を深い考えのないただのクーデターと斬って捨てたり、清河八郎なんかを数1十頁に亘って口を極めて罵倒したり…ここまで偏っていると、かえって心地よいな。(他の観点からも勉強する必要が生じたが。)読み物として十分面白かったが、オリジナルキャラは必要なかったのでは。…こんなに面白いならあそこの古本屋で二巻目以降も買っときゃ良かった。売り切れてたら面倒だ。2013/02/07

連雀

8
久々に幕末物が読みたくなって、電子書籍化もされていた本書を購入。もちろんタイトルは知っていましたが、長い物語故にこれまで手に取るのを躊躇ってきたのですが、今は逆にこれならば当分楽しめそうだと長さが嬉しい。2017/10/02

miina

5
ちょっと言い回しとか、人の名前がたくさんとかで読みづらかったけど、真剣に書かれている感じがあって、面白いと思った。 続きはゆるゆると是非読みたいと思う。2021/01/20

satomohiko

5
去年流行った会津を知るために読み始めた。以前、司馬遼太郎の龍馬が行くを読んだ時は、会津藩は朝敵とされ、龍馬たち明治維新で活躍したものからも敵視されていたので余り良い書かれ方はしていなかった。今回は、藩自体が主役とありまた違った見方で会津を知ることができそう。一巻後半は清河八郎がいかにひどいやつだったかが延々と記されている。最後はズバッと期待通りの結末。スッキリ!2014/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561071

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。