集英社文庫<br> 映画が僕を世界へ翔ばせてくれた

  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
映画が僕を世界へ翔ばせてくれた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 212p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487541
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0195

内容説明

銀幕の彼方に海外雄飛の夢をはせ、スクリーンから人生と英語を学んだと著者は言う。青春時代、場末の映画館に通いつめ、あるとは怒りに拳をかため、そしてあるときは感動に涙しつつ観た映画…。愛して止まない『映画』をテーマに、思い出の決め台詞や名優たちの生きざま、大女優との交遊など、数々の秘話に辛口人生論を織りまぜて綴られたエッセイ集。

目次

映画は私の師だった。感謝してもしきれない!
役者たちの生きざまのほうが、映画よりはるかにおもしろいこともある。
「みんな同じ人間ではないか。もっと腎くなろう」人種差別についてこんなことが言えるスターがアメリカにはいる。
ドラマをもって生きドラマをもって死ぬ―それがハリウッド・スターだ。〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うらなり

4
カサブランカの映画が好きで読んでみた。かっこよすぎるんですが、著者はこれを30回以上みたそうで台詞も暗記。本も映画もいいものは何度みても再発見があるということだろう。2020/05/03

ひろ

2
映画が自分と人生を変えた感覚は、確かにある。筆者ほどドラマチックでもなければ、これ程のめり込みもしなかったけれど。だからこそ中途半端な人生なのかもしれない。2012/07/09

ヤスダ

0
★3 教授が絶賛してたので読んでみた。 映画の話にはほとんどついていけず…。 「一生懸命生きているからこそドラマが生まれ、それが人に感動を起こさせる。」 強靭な意志こそ、人間の最大の才能であるということを、強烈に感じました。2009/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/443387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。