集英社文庫<br> 池田みち子の東海道中膝栗毛

集英社文庫
池田みち子の東海道中膝栗毛

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484441
  • NDC分類 913.55
  • Cコード C0193

内容説明

弥次郎兵衛は、真面目に働くことの嫌いな男。金があれば放蕩の限りを尽くした。彼の身の回りの世話人、北八も同様、酒好き、女好き。やがて二人は身から出た錆、金と女のことで江戸を逃げ出し、お伊勢参りの旅に出た。小田原の宿では、五右衛門風呂を知らずに火傷。岡崎の宿では、眠りこけている美人の瞽女の布団の中にもぐりこみ失敗。弥次さん、北さんの珍道中を現代語で読む。

目次

第1章 発端
第2章 江戸から小田原まで
第3章 箱根から安倍川まで
第4章 大井川から新居まで
第5章 岡崎から伊勢まで

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かっぱ

38
【図書館】現代語訳版。江戸時代は性に対して大らかだったようで、現代では考えられないようなことばかり。旅籠の女中(飯盛女)に宿賃とは別に200文払って夜のお相手にするというのが普通の世界。盲者が多く登場するのはそれだけ目の病気が多かったからだろう。銭が少なければ木賃宿。無一文なら神社か寺の境内で寝る。当時、お伊勢参りにかこつけて、ここまでではなくとも、旅の恥はかき捨てで、楽しんだ人もいたのかも知れない。文中で当時の風俗が説明されていて分かり易い。この本では、珍道中が伊勢までで終わっているのがもったいない。2021/03/22

花宴

10
小説になっていて、とても読みやすいです。当時の庶民の旅の様子、生活風俗がよくわかります。それにしてもろくでもない二人ですね〜。おバカすぎて駄目すぎる。子供や老人はおろか障害者まで騙すのはいただけない。若くて可愛い女の子を見れば、やることしか考えないし…。大概はしくじって痛い目を見るか、赤っ恥をかくというパターンなんですが。全く懲りず、ひたすら金、女、金、女…。伊勢でちょっと神妙なのがおかしい。罰当たらないかな。2018/11/20

ZEPPELIN

5
原作をスラスラ読めるような脳みそを持ち合わせていないので、現代語訳を。当時の文化や風習も文中で補足してくれているのが嬉しい。弥次さん・北さんの仲良し二人の愉快な旅なのかと思っていたら、完全な誤解であった。美人とみたら夜這いを計画・実行し、人をバカにするくせに自分がバカにされると猛烈に怒る。もちろん、悪巧みが失敗しても全く懲りない。ただの迷惑コンビである。物語だから多少の誇張はあるにしろ、こんな人が少なからず存在したのかと思うと、江戸時代もなかなか騒がしかったんですねぇ2015/01/13

ビスケ

3
授業で習ったので読みたくなり読んでみた。読みやすかったです。2014/01/27

あやぱんつ

1
読みやすい現代語訳で、江戸時代の風俗が理解できるところが良かったです。それにしても、こんなダメ人間の話だとは思わなかった。現代なら、笑い話にもならない程度の奴らじゃないかと思うんだが、江戸時代ならそれでもトンチがあれば生きていけるような、人間や社会の優しさがあったのかもなあ。2012/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/124827

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。