集英社文庫<br> 女たちの忠臣蔵―いのち燃ゆる時

集英社文庫
女たちの忠臣蔵―いのち燃ゆる時

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484076
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

そっと物陰から夫と愛息に別れを告げる大石内蔵助の妻おりく。花魁・深雪太夫となった間家の娘おひさ…。華々しい男たちの忠臣蔵の陰に、妻や母、姉妹、恋人たちの知られざるいのちの燃焼のものがたりがあった…。義士討入りの数日前、女たちが江戸に集結するという卓抜な仕掛けのもとに、それぞれの思いのたけを描ききる橋田寿賀子の名作ドラマ、待望の小説化。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつひめ

70
日本人が大好きな話し。赤穂浪士と言えば、刃傷から始まり、浪々生活&討ち入りの場面、そして切腹。というのが普通なのに、すべてを取っ払ったような討ち入りや仇討ちよりも、徹底して女の人生に重きを置いてるところがすごくいい。討ち入りなんてしたい人なんかほんとは居なかったかも。生き恥を曝しても生きていたかった…かも。そんな言葉すら口にはできない時代。女の長い人生が討ち入りの日から始まった。愛する者たちを失って。もう、何度涙が出そうになったか。ドラマのキャストは、昭和を代表するような女優さんばかり。再放送しないかな。2014/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/98819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。