集英社文庫<br> 吉良忠臣蔵〈上〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

集英社文庫
吉良忠臣蔵〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484052
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

江戸城中・松の廊下の刃傷事件の背後には、冷酷無比な罠が張りめぐらされていた。浅野家・吉良家、上杉家、そして将軍綱吉の側用人・柳沢吉保に、赤穂藩家老・大石内蔵助。権謀術数渦巻くパワーゲームを迫力豊かに描き、独自の歴史観で組み立てなおす実像忠臣蔵ロマン。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読書管理用

3
8点/10点 吉良から見た、元禄赤穂事件。悪いのは柳沢吉保で、吉良や浅野は犠牲者なのだが、やっぱり吉良が悪くないか?って思っちゃうのは、忠臣蔵という劇が日本人の血肉として染みついているからか。吉良忠臣蔵というより色部忠臣蔵っぽいけど、そこは気にしない。英語表現が随所に出るのはいただけないが、上巻ラストで可留の死を聞いた色部又四郎が「いよいよ大石は(江戸に)来るぞ」と言うシーンに痺れた。しかも、これで物語は下巻。見習いたいほど、素晴らしい構成である。2015/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/605949

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。