集英社文庫<br> リアルワールド

個数:
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
リアルワールド

  • 桐野 夏生【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 集英社(2006/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087460100
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

高校三年の夏休み、隣家の少年が母親を撲殺して逃走。ホリニンナこと山中十四子は、携帯電話を通して、逃げる少年ミミズとつながる。そしてテラウチ、ユウザン、キラリン、同じ高校にかよう4人の少女たちが、ミミズの逃亡に関わることに。遊び半分ではじまった冒険が、取り返しのつかない結末を迎える。登場人物それぞれの視点から語られる圧倒的にリアルな現実。高校生の心の闇を抉る長編問題作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

411
桐野作品はまだ6作目だが、これは『OUT』に匹敵する水準。小説が発表された2003年当時の女子高校生たちの言葉遣いについては判断の埒外にあるが、心象的にはまさにその年代にある彼女たち自身と「リアル」との葛藤を見事に描き出している。リアルな現実に対するに有効なすべを持たない4人(ミミズを入れれば5人)。軽々と遊泳しているはずだったキラリン、逃避せざるを得なかったユウザン、太宰に殉教するテラウチ、そして中では最も普通であるがゆえに目撃者となるホリニンナ。4人を軸とした物語の推進力は凄まじいばかりに圧倒的だ。2017/05/26

優希

122
サラリと書かれているのに重い世界がのしかかってくるようでした。どこにでもいるような少年が親を殺し、逃亡する。それを手助けする女子高生たち。遊びのようでもあり、ゲームのようでもある行動が大きな出来事につながるのが恐ろしく感じました。取り返しのつかない結末に向かうのに、何故気軽な冒険のように行動できるのでしょうか。これがリアルだとしたらと思うと鳥肌が立ちます。2017/03/21

りゅう☆

100
高3の夏休み、隣人の息子ミミズが母親を殺害。ミミズに同情し行く末を案じたホリニンナことトシ。母親の死を投影して逃走を助けたユウザン、ミミズに幻想を抱き同行したキラリン、ミミズを批判したテラウチ。ミミズが抱いた母親への嫌悪感は分かるけど、実際に殺した狂乱な態度や汗臭さ、キラリンに見せた威圧的言動や軟弱に変貌したミミズに不快。そしてテラウチの行動が引き起こした予想外の悲劇に驚き。ミミズの心理描写もさることながら、4人各々の視点から隠匿してたハズの裏の顔が実は知られてたり、リアルな心情の不安定さに儚さを感じた。2018/07/10

えりこんぐ🐤

77
母親を殺した男子高生の逃亡を助ける、女子高生4人組。高校生たちの語りに馴染めず、読むのがしんどい(-᷅_-᷄๑) みんな病んでて暴走しちゃった感じ。ジェットコースター的なバッドエンドは桐野さんらしいのかな。いまいちでした。2019/02/11

アッシュ姉

73
んん~、これはちょっと合わなかった。途中から得意の白目&半目状態に。母親を殴り殺して逃亡した男子高生に関わる四人の女子高生。少年少女に魅力も共感もなく、自分は特別で他の人とは違うという主張に辟易してげんなり。設定は嫌いではないし、桜庭さんの世界を彷彿させるが、似て非なるものか。やはり、桐野さんには大人のストーリーを描いて欲しい。2018/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。