集英社新書<br> 「改憲」の論点

個数:
電子版価格 ¥853
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
「改憲」の論点

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2019年08月24日 17時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210392
  • NDC分類 323.149
  • Cコード C0231

内容説明

「自衛隊明記」「二項削除」「リベラルの側からの新九条論」…。憲法改正をめぐる議論は混迷の度合いを深めている。しかし九条改憲の本質は、平和を求めてきた日本の戦後の否定そのものだ。本書では安倍政権の「憲法破壊」の動きに対して異議申し立てをしてきた「立憲デモクラシーの会」の主要メンバーが、もっとも重要な論点を解説する。八つのポイントに整理してわかりやすく示した、日本国民全員のための必読書。

目次

第1章 自衛隊明記改憲の問題(木村草太)
第2章 「新九条論―リベラル改憲論」の問題点(青井未帆)
第3章 日本人が向き合うべき戦争と平和のあり方(柳澤協二)
第4章 「改憲派」はどういう人々か(中野晃一)
第5章 「ポスト真実」と改憲(西谷修)
第6章 解散をめぐる憲法問題(山口二郎)
第7章 憲法改正国民投票の問題点(杉田敦)
第8章 「真ノ立憲」と「名義ノ立憲」(石川健治)

著者等紹介

木村草太[キムラソウタ]
1980年生まれ、首都大学東京教授

青井未帆[アオイミホ]
1973年生まれ、学習院大学教授

柳澤協二[ヤナギサワキョウジ]
1946年生まれ、元内閣官房副長官補。国際地政学研究所理事長

中野晃一[ナカノコウイチ]
1970年生まれ、上智大学教授

西谷修[ニシタニオサム]
1950年生まれ、東京外国語大学名誉教授

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年生まれ。法政大学教授

杉田敦[スギタアツシ]
1959年生まれ。法政大学教授

石川健治[イシカワケンジ]
1962年生まれ。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

安倍政権の憲法破壊の動きに対し異議申し立てをしてきた「立憲デモクラシーの会」の主要メンバーが、錯綜する憲法論議を整理。「9条改憲でアメリカの言いなりになる」など、8つのテーマで解説する。




木村 草太[キムラソウタ]
著・文・その他

青井 未帆[アオイミホ]
著・文・その他

柳澤 協二[ヤナギサワキョウジ]
著・文・その他

中野 晃一[ナカノコウイチ]
著・文・その他

西谷 修[ニシタニオサム]
著・文・その他

山口 二郎[ヤマグチジロウ]
著・文・その他

杉田 敦[スギタアツシ]
著・文・その他

石川 健治[イシカワケンジ]
著・文・その他