集英社新書<br> 小さな「悟り」を積み重ねる

個数:

集英社新書
小さな「悟り」を積み重ねる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206159
  • NDC分類 184
  • Cコード C0215

出版社内容情報

『怒らないこと』の著者による注目の1冊
朝日カルチャーセンターを始め、日本での講演会は超満員の状態が続くスリランカ上座仏教長老・スマナサーラ氏が集英社新書に登場。誰もが陥りがちな人生の「錯覚」を明らかにする。

内容説明

この不確かな時代にあって、私たちの抱く「迷い」は尽きることがない。どのようにすれば人は上手に迷いを晴らして自分を守り、穏やかに生きていくことができるのか。そもそも人が苦しむ理由は、全て勝手な思い込み、錯覚にあった。本書ではスマナサーラ長老が、その錯覚を一つひとつ分かりやすく解きほぐしていき、今よりもずっと「ラク」に生きる方法を伝授する。スマナサーラ長老が贈る、小さな「悟り」の積み重ね方とは。

目次

第1章 あべこべ人生の夢から覚める(あべこべ人生の夢から覚める;人が考えるのはバカだからである ほか)
第2章 「諦める力」で人は成長する(完成は瞬間においてしかない;「諦める力」が幸福をもたらす ほか)
第3章 疲れない生き方は可能である(仕事は本来疲れないものである;人間はそもそも自立できない生き物である ほか)
第4章 争いをもたらす自尊心を捨てる(自分すら頼りにしないほうが救われる;愛はほんとうは悪いものである ほか)
第5章 人生は割り算にするといい(足し算の人生から引き算の人生へギアチェンジする;「脳が喜ぶ笑い」が問題を解決する ほか)

著者等紹介

スマナサーラ,アルボムッレ[スマナサーラ,アルボムッレ][Sumanasara,Alubomulle]
1945年、スリランカ生まれ。スリランカ上座仏教長老。一三歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。八〇年に来日。駒沢大学大学院人文科仏教学博士課程を経て、現在はスリランカ上座仏教日本サンガ主任長老としてテーラワーダ(=上座部)仏教の教義の普及に務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

テツ

25
小悟大悟。生きるの死ぬの。瑣末なことに大騒ぎしても人生なんて丸ごとまとめて虚しいシロモノ。無常な世界。そうしたフィールドに生きる僕たち人間という存在。悩み苦しみなんてどうでもいいぜ。どうせそのうちにみんなまとめてくたばってしまう虚しい存在なんだから。著者の意図とはかけ離れてしまうけれどきっとそうした覚悟をしてその上で今自分がこの場所で生きるという意味を考えた末に悟りってあるのかなとぼんやり思う。意味のない存在に意味を見出す。そんな無駄な行動でしか人間って幸せを掴めないのかもな。2017/11/30

10
何度も読み返したい一冊。この本に出逢えてよかったと思う。生きづらさから救われる小さな「悟り」が沢山詰まっている。この本を読むと、世の中のこと、感情、欲、怒りなど、様々なことに対して、少し見方を変えるだけでも、穏やかに生きていけそうな気がする。中でも「無常」の考え方は、常に心にとめておきたいと思った。読みやすく、スラスラと読める。でも、内容は深く、良い本に出逢えた。2019/03/11

まご

8
全体的に、理屈っぽい。筆者自身の考えを、無理やり仏教の教えにこじつけようとしている。読んでいて、だからどうした?何が言いたいのか?と疑問が募る。駄本です。2015/05/24

hiro

8
人生はそんなに尊いものではない。人はちっぽけな存在でしかないのだから。淡々とプログレッシブに一瞬一瞬を生きる。人生に対して、一本の線を書くのではなく、小さな点を積み重ねればいい。その小さな点が集まれば線となるのだから。 Bettyさんに紹介してもらいました。ああ、なんとすばらしい本。手元に残す本が一冊増えました。2013/03/28

三崎口@ネットつないだら本格復帰します

7
もろにゴーストライターが書いたってわかる。内容には関係ないので問題ないけどw仏教は好きだけどものすごく冷めた目で世の中を見るようになってしまう。ものすごい馬鹿になることもなくなるけど、熱い気持ちになれなくなってしまう。冷たい宗教だ。好きなように生きればいいって気持ちがまた強くなった2014/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4337810

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。