コバルト文庫<br> 赤い鯨とびいどろ童子―炎の蜃気楼(ミラージュ)

電子版価格 ¥495
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

コバルト文庫
赤い鯨とびいどろ童子―炎の蜃気楼(ミラージュ)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086010481
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

12
嶺次郎、草間、中川さん、岩田さん、染治、卯太郎、諜報部の真木に一蔵、傀儡子の平四郎など御馴染みの赤鯨衆メンバーのやり取りが本編が辛かった分、和みます^^今空海であり、同行として死者の思いを汲み取り、死者が納得できるまで付き添う高耶さんは彼らしいです。あの後も四国へと還った彼の思いは留まっていると思うと心が温かくなります。そして穏やかですが相変わらずの2人に赤面です。2012/03/24

たろさ

5
番外編「赤い鯨とびいどろ童子」嶺次郎が換生し目覚めて、草間や他のみんなと出会い、土佐赤鯨衆を結成。びいどろ童子に封じられていた怨霊に助けられるが、その正体は…。 「終わりを知らない遊戯のように。」 赤鯨衆の二人。ふと逃げた先が学校の体育館。「早く(赤鯨衆の上に)上がって来いよ」と直江にいう高耶。だがその場でのお互いの熱を抑えきれず行為に及ぼうとした時…犬に邪魔される。 「拝啓、足摺岬にて」今空海である高耶と死遍路である女子高校生とのエピソード。ほのぼの2018/06/30

マアサ

5
リアルタイムの時は本編読んで燃え尽きてたのかこれ買うの漏らしてたわ。。。初読。タイトルのお話は赤鯨衆が結成された時のお話。草間さん懐かしいな。卯太郎はこういう経緯で入隊してたのか。ラストの今空海としての高耶さんのお話、何だかホロリとした。終わっちゃったんだなー、ミラージュ。。。2017/03/29

サクマ

5
四国が舞台の3編。「終わりを知らない遊戯のように。」は短いけれど、赤鯨衆という組織を離れて素の高耶と直江が見れ、本編を思うと一息入れられてよかったね!!という気持ち。2012/05/08

あや

4
番外編第3弾、赤鯨衆アラカルト。表題作は、嘉田視点の赤鯨衆結成秘話。草間以下本編で活躍した面々が掘り下げられていて、ああ、やっぱりみんなが対等でおおらかで前向きな赤鯨衆大好きだなぁと感じられる話でした。「終わりを知らない遊戯のように」なんだろう、超番外編?闘いの合間の直江と高耶さんのほのぼの。本編でも、こんな時間がもてていたのなら救われます。コメント欄に続く。2016/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549374

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。