講談社+α新書<br> 60歳からのマンション学

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

講談社+α新書
60歳からのマンション学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 03時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065282120
  • NDC分類 365.35
  • Cコード C0236

出版社内容情報

2030年、分譲マンション約780万戸とうち、築30年以上が過半数を超える。日本ではマンションへの永住指向が強まる一方、自らの老いとマンション老朽化、いわゆる「二つの老い」がリンクするというかつてない時代を迎えている。
私たちは、本当に安心してマンションを終の棲家にできるのか? 
大規模修繕、滞納金問題、空き駐車場問題、ペット問題、フルリノベーション、買い換え、負動産化、ローンのやりくり、リバースモーゲージ、タワーマンションのメリットとデメリット。さまざまな事例をもとに安心できるためのヒントを探る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつのすけ

26
定年退職はまだ先だが、定年後は妻と二人で、車を使わず買い物に行ける場所にマンションを購入したいと考えていたので、本書を読んだ。 マンションの場合、管理費、修繕積立金の滞納問題があり、自分の懐事情だけでは解決できない問題があるということを、あらためて認識できた。 今後の参考になった。2022/05/17

健治

2
【マンション住民は、「年齢問わず」読むべき本】 日経新聞で広告を見かけ、仕事帰りに近くの書店で購入しようとしたが、売り切れだったので、オンラインで購入。書店員さんいわく老若男女問わずかなり売れているという。 読み始めると、「はじめに」からとても惹き込まれ、あっという間に最後まで完読した。 なのに不思議と知識が頭に残ったし、「マンションに住むということは、こんなゴールもあるのか」と考えさせられた。 マンション住まいの方は、一読する価値がある1冊だと思う。ぜひ読むことをおすすめしたい。2022/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19535221

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。