講談社+α新書<br> 岸田ビジョン―分断から協調へ

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

講談社+α新書
岸田ビジョン―分断から協調へ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月26日 21時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065265659
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0231

出版社内容情報

2021年10月、第100代総理大臣に就任した著者の、はじめての著書を新書改訂版として緊急発売!
「聞く力」を備えた新しいタイプのリーダーの登場。
新自由主義を脱し、「新しい日本型資本主義」の構築を目指す。
コロナウイルスの感染拡大によって国民の生活は大きな痛手を受け、格差拡大、「勝ち組」と「負け組」、中間層の没落などが顕著になりつつある。
日本だけでなく、欧米やアジアなど、世界的に「格差拡大」が広がり、さらに国同士の分断も進む。
この「分断の時代」に、求められていることこそ「協調の精神」ではないか。
具体的には、高額の金融所得に対する課税率の見直し、中間層の教育、住宅費に対する支援、社会人に対する再教育支援、中小企業、小規模事業者に対する支援などである。
さらにIоTなどの普及によって、地方にあっても都会と同じレベルの仕事ができる環境ができつつある。
宏池会の大先輩・大平正芳元首相が唱えた「田園都市構想」を再生し、「デジタル田園都市構想」を推進する。
外交面でも、「分断から協調へ」がキーワードになる。4年7ヵ月の外相経験を通して、アメリカ、イギリス、ロシア、中国をはじめ世界の首脳と築いてきた人間関係を生かし、孤立化、分断化が進む世界で「協調」をテーマとした外交を展開する。
さらに広島出身の政治家として、「核兵器なき世界」への取り組みは最大のテーマである。2016年に実現したアメリカ・オバマ大統領(当時)の広島訪問は、核軍縮という観点で非常に大きな出来事だった。
核軍縮交渉の根底には、やはり協調というベールが求められる。

なぜ政治家を志したのか。
差別を憎み、理不尽を疑う心はどこから芽生えたのか。
日本政治にいまも内在する悪弊とは何か。
その一方で、長く守り抜いていかなければいけない価値とは。
政治家人生を懸けた、渾身の一冊。

内容説明

新総理の人物像と政権構想のすべてがここにある。コロナ禍を克服、経済成長と適切な分配の好循環をもたらす、「聞く力」の政治。

目次

第1章 分断から協調へ
第2章 ヒロシマから世界へ
第3章 「信頼」に基づく外交
第4章 人間・岸田文雄
第5章 「正姿勢」の政治
第6章 闘う宏池会

著者等紹介

岸田文雄[キシダフミオ]
1957年生まれ。早稲田大学卒業後、日本長期信用銀行入社。議員秘書を経て、93年衆議院議員初当選。以来、連続9期選挙区当選。自民党青年局長、経理局長を経て、2001年小泉内閣で文部科学副大臣。衆院厚生労働委員会委員長を経て、07年第一次安倍改造内閣で内閣府特命大臣として初入閣。12年に宏池会会長に就任。同年、第二次安倍内閣で外務大臣に就任し、専任の大臣としては戦後最長の4年7ヵ月にわたって務める。17年、防衛大臣を兼任。17年8月から20年9月まで、自民党政務調査会長。21年10月、第100代内閣総理大臣に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナミのママ

47
選挙戦でことばだけが取り上げられた『分断から協調』そのベースが知りたかった。特に支持政党はないが混乱の時代の新首相の人となりが見えたのも興味深い。生い立ちから政治家への道、政治家として個人の部分は面白かったが、○○会とか歴代政治家との関係部分は斜め読みで飛ばした。強烈な姿勢は感じられないが、数年後にどうなっているのか、気になる。2021/11/04

youmar Jr.

40
こんばんは 数ヶ月ぶりに投稿しました。! 皆さん岸田ビジョン読みましたか? 政治家のことから、岸田さんのことまでわかります! (感想) 岸田さんの境遇もさることながら、 政治家は、結構大変! もちろん選挙のこともだけれど、 人間関係とかなにやら、、 党のなかにも、派閥があって、そこでの人間関係のすれ違いがあったり、 党は、党で、ひとつになって結束すればいいのにとおもった。2021/12/22

ミライ

32
2021年10月、第100代総理大臣に就任した岸田文雄さんの著書(2020年に発売された作品の新書改訂版)。世界的に「格差拡大」が広がって、国同士の分断も進む「分断の時代」に求められていることこそ「協調の精神」ということで「分断から協調へ」がキーワード。日本がやるべき施策(税・IoT・格差問題・教育など)が詳細に語られる、IT系の話題も多く「鬼滅の刃」などのアニメの話も出てきて面白かった。そのほか、岸田さんの幼少時代~大学~就職~政治家になるまでの軌跡が語られる、外務大臣時代の裏話が非常に面白かった。2021/10/20

謙信公

27
政策提言やビジョンに関してはありきたりのことが書かれており、何をやりたいのかはあまり伝わってこない。外務大臣時代の裏話やオバマ大統領の広島訪問には力が入る。「加藤の乱」も読み応えがある。政治家のスタンスとは低姿勢でも高姿勢でもなく、理念、政治哲学をもっていれば自ずと正しい姿勢である「正姿勢」になる、とする。「聞く力」「分断から強調へ」など「いい人」のようだが、どうもいい人すぎるようだ。一国の総理がいい人すぎるのもどうかとは思うが、今のところ他におられないようなので、しばらく頑張っていただくしかないのかな。2022/12/20

てつのすけ

27
自民党の総裁選を前に、候補者の主義主張を知りたくて購入したが、読むのが遅れ、衆議院議員選挙も終わってしまった。しかし、首相の考えを知ることができたので、読んで良かったと思う。2021/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18815732
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。