講談社文庫<br> 悪の五輪

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

講談社文庫
悪の五輪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065200384
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

1963年、博打をしのぎにしている白壁一家の人見稀郎は、翌年の東京オリンピック公式記録映画監督を降板した黒澤明の後任に中堅監督の錦田をねじ込んで、興行界に打って出るべく動き出す。オリンピック組織委員会には政治家、財界関係者が名を連ねており、あらゆる業種が莫大な利権に群がっていた。日本が劇的に変貌を遂げた昭和の東京五輪をモチーフに、現代エンターテインメント小説の旗手が放つ、長編社会派クライムノベル。

1963年3月21日、翌年の東京オリンピック開催を前に、公式記録映画の監督を務めることになっていた黒澤明が降板した。博打をしのぎにしている白壁一家の人見稀郎は、親分からの指示を受け、中堅監督の錦田を後任にねじ込んで、興行界に打って出るべく動き出す。オリンピック組織委員会には政治家、財界関係者が名を連ねており、その下には土建業者や右翼、ヤクザ、さらには警察までもが蠢いており、あらゆる業種が莫大な利権に群がっている。稀郎は記録映画の監督選定に権限を持つ委員たちの周辺を洗い、金や女を使って言うことを聞かせようとする。東京が、日本が劇的に変貌を遂げた昭和の東京オリンピックをモチーフに、現代エンターテインメント小説の旗手が放つ、長編社会派クライムノベル。

内容説明

一九六四年の東京オリンピック記録映画監督を黒澤明が降板した。若いヤクザの人見稀郎は後任監督に中堅の錦田をねじ込むことで、興行界をのし上がろうとする。五輪組織委員会には、政財界の強者が名を連ね、莫大な利権に群がっていた。稀郎の企みの行方は?華やかな舞台裏で蠢く悪を描いたクライムノベル。

著者等紹介

月村了衛[ツキムラリョウエ]
1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年『機龍警察』で小説家デビュー。’12年に『機龍警察 自爆条項』で日本SF大賞、’13年に『機龍警察 暗黒市場』で吉川英治文学新人賞、’15年に『コルトM1851残月』で大藪春彦賞、『土漠の花』で日本推理作家協会賞、’19年『欺す衆生』で山田風太郎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えみ

63
「もはや戦後ではない」を明確に世界へアピールしたい日本の希望。五輪という日本戦後一大事業に酔わされた人々が、それぞれの思惑を抱いて覇権争いを繰り広げる。利権に目を眩ませた政界人、目端の利くヤクザ達。裏工作に賄賂、脅しに裏切りなんでも来い!そんな中、オリンピック記録映画監督のポジションにある特定人物を据えるため、ヤクザ・人見稀郎は様々な手段を講じて暗躍する。が…敵も一筋縄ではいかない手強い相手ばかり。五輪に酔わされ、まるで酩酊したまま千鳥足で断崖絶壁を歩いているようだ。危ない道を突き進む稀郎に終始ハラハラ。2023/09/18

ぷにすけ

17
戦後、ようやく復興のきざしが見え始めた日本で行われることとなった東京オリンピック。利権に群がる人々たちを描いたお話ですが、くしくも昨年行われた東京五輪・パラの開催経費が1兆4238億超えの記事が・・・。コロナの影響があるとはいえ、今も昔もかわらずか?2022/06/22

鮫島英一

8
1964東京オリンピックの記録映画を巡るフィクション。僕達は結論を知っているが、そうとは知らぬヤクザ「人見稀郎」は、中堅監督「錦田」を巨匠「黒澤明」の後釜に据えるべく駆け回る。ヤクザ得意のはったりと脅しで徐々に前へ進むかと思われたが、昭和の巨悪達が立ちふさがる。大戦を生き抜いた魔物の前では、ヤクザであろうとも虫けらのすぎない。人としての在り方や無力さ。ヤクザと僕みたいな市民は共感を思えることはないはずだが、それを感じさせてしまうのは作者の巧さなのだろう。2021/07/26

chikap610

6
読みました。なんだろうな、このタイミングで読まなくてもよかったのかな… まぁさ、利権ピックなのは今に始まったわけじゃないけど、読んでて空しかったよね。 そもそもオリンピック無くす必要は無いけど、アマチュアスポーツの祭典である原点に戻ってさ、参加する選手からは参加費を取った方が良いよ。それと協賛企業からの出資で全ての運営賄う仕組み。 今時、どんなスポーツだって機材含めおカネかけなきゃ上に行けないんだからさぁ。この本の感想からずれちゃった、 2021/09/04

terukravitz

6
★☆☆☆☆2021/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18108979
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。