星海社FICTIONS<br> マージナル・オペレーション改〈05〉

個数:

星海社FICTIONS
マージナル・オペレーション改〈05〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 05時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065133750
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「勝ちすぎてしまった」中国軍との戦闘を終え消沈するアラタに、次々と新たな戦いが襲いかかる。大ヒットシリーズ最新刊!ジブリール、すまん。生きていてくれ。
アラタたちは、数で圧倒的に勝る中国人民解放軍を完膚なきまでに撃破し、戦場には二〇〇〇を超える遺体が残された――。
高温多湿の密林地帯にあって、即座に腐敗してゆく遺体の処理をめぐり、アラタはかつての“クラスメイト”董顕光と交渉を重ねることとなる。
大国の面子を背負わされた董は、アラタに全面降伏を迫るが、子供たちの人生を背負うアラタもまた、その要求を呑むことはできなかった。ふたりの歩む道は、無情にも別れてゆく……。
混迷の度を深める世界情勢に導かれるままに、戦闘はうち続く。ミャンマー軍、そしてまたも人民解放軍がアラタたちに攻勢をかける。ドローンが飛び交う“未来の戦場”で、アラタが手にした勝利の代償は、あまりにも苦い。
芝村裕吏×しずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ新章、激闘の第5弾!

芝村 裕吏[シバムラ ユウリ]
著・文・その他

しずま よしのり[シズマ ヨシノリ]
著・文・その他

内容説明

アラタたちは、数で圧倒的に勝る中国人民解放軍を完膚なきまでに撃破し、戦場には二〇〇〇を超える遺体が残された―。高温多湿の密林地帯にあって、即座に腐敗してゆく遺体の処理をめぐり、アラタはかつての“クラスメイト”董顕光と交渉を重ねることとなる。大国の面子を背負わされた董は、アラタに全面降伏を迫るが、子供たちの人生を背負うアラタもまた、その要求を呑むことはできなかった。ふたりの歩む道は、無情にも別れてゆく…。混迷の度を深める世界情勢に導かれるままに、戦闘はうち続く。ミャンマー軍、そしてまたも人民解放軍がアラタたちに攻勢をかける。ドローンが飛び交う“未来の戦場”で、アラタが手にした勝利の代償は、あまりにも苦い。芝村裕吏×しずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ新章、激闘の第5弾!

著者等紹介

芝村裕吏[シバムラユウリ]
ゲームデザイナー、作家、漫画原作者。第5回日本ゲーム大賞優秀賞、第32回星雲賞メディア部門を受賞した『ガンパレード・マーチ』をはじめ、『絢爛舞踏祭』や『ガンパレード・オーケストラ』三部作などを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
数で圧倒的に勝る中国人民解放軍を完膚なきまでに撃破し、戦場には二〇〇〇を超える遺体が残される思っても見なかった完勝。遺体の処理をめぐり、アラタはかつてのクラスメイト董顕光と交渉を重ねることとなる新章第五弾。ミャンマー軍・中国軍に挟撃される厳しい状況でもアラタの冷静な判断は冴え渡って、なのにイトウさんの存在に危機感を募らせるジブリールやホリーさんには為す術もなくて(苦笑)今後に向けては大局的な視点も必要で難しい判断を迫られてゆくアラタでしたけど、今回の結末には様々な思いが垣間見えて何ともほろ苦かったです…。2018/11/13

miroku

15
生き残るための戦いはさらに過酷に。雰囲気が明るいのが救い。2020/03/04

AKF-ZERO

10
アラタはホリーをサンドバッグにしすぎ。もうちょっと労ってやってもいいと思う。2019/05/10

ぺぱごじら

9
前巻ラストの激戦は、首尾よく『行き過ぎた』。損害が殆どなかったことが却って災いを呼ぶ。中国、ミャンマー、米国、そして日本の都合を考えながら、子供たちへの被害は徹底的に排除しなければならないという超難問に挑むアラタ。ジニを『第一』にした方が何かとうまく回りそうだが、そこはジブリールを立てないと自分の命が危ないとジニはよく知ってる(笑)。『東南アジアで軍事ハーレム』とか滅多にない世界を実現しているアラタは、最終的にどう決着をつけるのか、戦局とハーレムに(笑)。2018-1072018/09/17

サケ太

9
なんという展開か。最強ともいえるアラタでさえも、損害は出る。情勢は徐々に動いているが、非常に微妙な戦況の中で戦いは続く。やられれば、やり返し、終わりはどこへ行くのか。大国の思惑はどこにあるのか。最高の面白さ。どうなるのか非常に気になる。2018/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13071872

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。