講談社文庫<br> ハサミ男

個数:
電子版価格
¥968
  • 電書あり

講談社文庫
ハサミ男

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月21日 17時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 520p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062735223
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



殊能 将之[シュノウ マサユキ]
著・文・その他

内容説明

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。

著者等紹介

殊能将之[シュノウマサユキ]
1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、本作で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 8件/全8件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

1413
再読したくなったので。そういえば映画化はどういう風になっているのか…。これはもう新本格のスタンダードの一冊といって良い作品。実は個人的には『美濃牛』の方が好きだったりするものの、細かい部分までの纏まりやトリックの破壊力はやはりこちらが上。これまでに、もうたくさんの亜種が産まれているので、人によっては当時の読者のようなぶっ飛びは味わえないかもしれない。しかし、破壊力を極限まで高めるための細かい工夫を入れつつ、わかりやすい文章で読書ビギナーにまで丁寧に門戸を開いている感じがあって、そこがまた良いところと思う。2018/05/15

Tetchy

1317
実にミステリの定型を裏切った物語だ。探偵役が連続殺人鬼であり、しかも真犯人は…おっと危ない。結末もいわゆる大団円ながらも歪んでいる。タイトルも含め、企みに満ちた作品だ。それだけにあのサプライズでは一点だけ不満が残る。詳しくは書けないが、一人称叙述での自己描写と三人称叙述での描写の違いは他人がそう思っていなくても自分では気になっているということなのだろうか(あ~、もどかしい書き方だ!)?しかし半ば使い古されたシリアルキラー、サイコパス物をこんな風に料理するとは実に面白い。個人的には洋楽ネタがツボだった。2013/03/01

サム・ミイラ

771
このところこういう作品を続けて読んだせいか、疑い深くなったようで一番の謎は半ばで分かってしまった。というかそう信じて読む事にした。書き出しにおける「わたし」の違和感からタイトルの付け方に至るまで、いやよく出来ている。途中「あれ違うのかな?」となったが信じ続けて良かった。そうなると犯人もだいたい目星はつくがこの展開はやめて欲しかった。登場人物の誰かを犯人にしなければ落ち着かないとばかりのハリウッドのB級映画的な流れは残念。刑事たちが言う通り偶然も大きすぎた。多重人格の描き方も秀逸なだけに非常に惜しい。2016/01/07

33 kouch

651
予測のセンスがない自分はいつも最後に裏切られ、お陰様でミステリーが楽しめる。今回も結末が意外過ぎてまたいいお客さんになってしまった。 "自問自答する何者か"と"現実世界"が交互に展開される。死にたいと思って死にきれない異常性が最後まで頭から離れない。爽快感はないけど予測出来ない展開はやはり面白かった。2023/02/15

しんごろ

609
あまりミステリーは読まないんですけど、面白かったですね。読んでて、あれ?というか、違和感を感じるのが多々あり、自分がこいつだと思った犯人とは違いましたが、一部分は正解かと勝手に自己満足(これ以上、書くとネタバレになるし…)。ラストシーンで、なるほど、そんな伏線があったのねとすごく納得!終盤あたりの途中、こんがらがったのもあったんですが、それでも良質なミステリー物を読んだ気持ちになりました。2018/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576602
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。