ブルーバックス<br> 科学者とキリスト教―ガリレイから現代まで

  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
科学者とキリスト教―ガリレイから現代まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061326866
  • NDC分類 402

内容説明

臓器移植や遺伝子操作の実現は、人類に新たな可能性をつくり出したのと同時に、いったい人間の生命とは何なのか、どこからどこまでが自己なのか、本当の自己とはどこにあるのか等々の新しい問題をも生み出した。いうまでもなく、近代科学や科学技術は、その誕生の時からキリスト教の存在が深くかかわっている。本書では、理性と信仰の問題、科学的認識と宗教的認識の問題、科学とキリスト教の間の対立と矛盾の問題などを追究・解説しながら、現代科学の在り方を模索する。

目次

科学と宗教―キリスト教的世界観の役割
「宇宙という書物」―ガリレイの科学
「神の栄光のために」―ケプラーの天文学
中世の宇宙―コペルニクスへの道
ガリレイの『天文対話』1―科学古典としての意義
ガリレイの『天文対話』2―真理・学問・対話
詩人ミルトンの「天文対話」
ガリレイの宗教裁判―『聖書』と科学
フランシス・ベイコン―キリスト教的学問革新論
王立協会とロバート・フック
天上の和声―ケプラー、ニュートン、ミルトン
ケプラーの『夢』―SF月旅行物語
ニュートンとキリスト教
ニュートンと英詩
パスカルと「考える葦」
新世界の科学1―コトン・マーサー
新世界の科学2―ベンジャミン・フランクリン
プロテスタンティズムと近代科学
近代科学とキリスト教的概念枠
進化論の出現
テニスンと進化論
懐疑とその克服
宣教師・進化論生物学者J.T.ギュリック
W.S.クラークと内村鑑三
明治期の進化論
自然と人間のかかわり
科学技術のなかの現代人