学研のヒューマンケアブックス<br> 先生、親の目線でお願いします!―保護者の本音を知れば特別支援教育は変わる

個数:

学研のヒューマンケアブックス
先生、親の目線でお願いします!―保護者の本音を知れば特別支援教育は変わる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 22時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784054054295
  • NDC分類 378
  • Cコード C0337

目次

親が教師に不信を抱くとき
たかが言葉、されど言葉
保護者が求める専門性
親にとって教師が敵になるとき
信頼をつむぐ個別指導計画
自己満足でない家族支援
信頼を失わない学校の危機管理
価値観の転換で障害を受容
子どもへの教師の思い込み
元気が出る保護者会・面談
わかっていることの違い
「いっしょにいて当たり前」の共生社会へ
ちょっと待って!その発言は変じゃない?

著者紹介

海津敦子[カイズアツコ]
東洋大学社会学部・聖学院大学人間福祉学部非常勤講師。1961年生まれ。共立女子大学卒。1983年テレビ朝日入社。報道局勤務を経て退職後フリーに。三女の知的障害をきっかけとして、障害児の教育現場、福祉現場、障害児家族の取材を進める。障害児の家族へのケア、保護者との連携、子育て支援をテーマに講演、執筆をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

障害児の母親の目線で、等身大の想い、教師、学校に対しての率直な意見を、他の保護者の事例も交えながらわかりやすく書き記す。

障害児の母の目線で、さまざまな保護者の事例を取り上げながら、教師・学校に対しての率直な意見や親としての思いを綴る。保護者と教師の間にあるギャップを埋め、一緒に子どもの幸せのためにできることは意外とシンプルなことだとわかる。

【著者紹介】
三女の知的障害をきっかけとして、障害児の教育現場、福祉現場、障害児家族の取材を進める。東洋大社会学部福祉学科非常勤講師・聖学院大学人間福祉学部児童学科非常勤講師。